OpenStack、11番目のリリース「OpenStack Kilo」が公開。ベアメタルサービス「Ironic」フル実装、ストレージはイレイジャーコーディングに対応

2015年5月13日

オープンソースで開発されているクラウド基盤ソフトウェアのOpenStack、11番目のリリースとなる「OpenStack Kilo」が公開されました

Kilo » OpenStack Open Source Cloud Computing Software

Kiloのおもなコンポーネントにおける新機能は以下の通り(日本語版のリリースノート)。

Nova Compute
APIのマイナーバージョンアップにより、バリデーション機能を付加して安定性などを強化。

Swift Object Storage
イレイジャーコーディング(消失訂正符号)にべータ版ながら対応したことで、よりコスト効果が高く堅牢性のあるストレージサービスを提供可能に。

Cinder Block Storage
暗号化ボリュームもバックアップが可能に

Neutron Networking
サブネット割り当て機能により、あらかじめ定義したアドレスプールからサブネットの作成が可能に

Ironic Bare-Metal Provisioning
ベアメタルのプロビジョニング機能がはじめてフル実装されました。IronicはすでにRackspace OnMetalの本番環境で使われているとのこと

Keystone Identity Service
パブリッククラウドとプライベートクラウドなどマルチクラウドでのIDのフェデレーションが拡張されました

OpenStackは6カ月ごとに新しいリリースを公開することになっており、今回の「Kilo」は昨年10月に公開された「Juno」に続くリリースとなります。そしてKiloの次に今年10月にリリースされるのは、アルファベットのKに続くLで始まる「Liberty」です。

来週にはOpenStack Design Summitが開催され、Libertyの目標について議論が行われる予定です。そして来年4月にはMで始まるリリース(名称未定)が続くことになるわけです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

カテゴリ クラウド
タグ  IaaS , OpenStack , オープンソース


次の記事
「Puppet Enterprise」商用版の国内提供を開始、サーバやスイッチの構成自動化を実現。ネットワールド

前の記事
「セールスフォース・ドットコムが買収される」というウワサが駆け巡った十日間


カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig