OpenStack専業の米Mirantisが、Dell、Juniperと組んでOpenStackアプライアンス「Mirantis Unlocked Appliances」を発表

2015年7月16日

「OpenStack」専業のシステムインテグレータとして知られる米Mirantis(ミランティス)が、OpenStack専用の統合アプライアンス「Mirantis Unlocked Appliances」を発表しました。

fig Mirantis Unlocked Appliancesの構成

Unlocked Appliacesは、Dellのサーバとストレージ、Juniperのネットワーク機器を搭載したラックに、Mirantis OpenStackをインストールし、すぐにクラウド基盤として利用できるようにしたもの。最小でサーバ6ノード、ストレージ12TBから、最大のフルラック構成では24ノード、48TBストレージとなります。

Mirantisはリファレンスデザインを提供し、製品の提供はMirantisのパートナーが行うこととなっています。ユースケースとしては、クラウドネイティブなアプリケーションの開発基盤を想定しているとのことです。

OpenStackアプライアンスはNebulaが失敗したばかりだが

OpenStackアプライアンスは、OpenStack登場初期から米Nebulaが製品として提供していましたが、同社は不振が続いた結果今年4月に廃業しています。Mirantisのアプライアンスは果たして成功するのでしょうか?

この疑問についてMirantisのブログ「OpenStack appliances from a software company? You bet!」では、Nubulaとは3つの点で異なっていると説明しています。

1つ目はタイミングです。Nebulaが登場したOpenStack初期から最近までは、OpenStack市場はまだ未熟で、その多くはアーリーアダプターであり自分でOpenStackを導入するような人たちだったと。

2つ目はOpenStackの利用形態が変わってきた点です。OpenStackがエンタープライズのメインストリームになりつつある現在、導入してすぐに使えるソリューションのニーズは高まってきていると。

3つ目は、MirantisがOpenStackへの貢献を積極的にしており、その貢献はOpenStackにマージされてMirantis OpenStackにも反映されていくことで、よりよい循環を作れるとしています。

Mirantisは発足当初はOpenStackのプロフェッショナルサービスを提供し、次にOpenStackの商用ディストリビューションの提供を開始、そして今回OpenStackアプライアンスを投入することで、OpenStackへのニーズの広がりに対応するとともに、自社のビジネス領域を広げてきました。この積極的な変化には、システム構築やシステムサポートのビジネスを成長あるいは拡張していくうえでヒントになることが多く見つかるのではないでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : IaaS , OpenStack , クラウド



≫次の記事
GoogleがOpenStack Foundationに参加。Kubernetesなどコンテナ技術をOpenStackへ統合し、コンテナによるハイブリッドクラウドの実現を狙う
≪前の記事
OpenStack Mリリースの名称が「OpenStack Mitaka」(三鷹)に決定、紆余曲折の末。10月に東京開催のOpenStack Summitにちなみ

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig



blog comments powered by Disqus