インテル、プログラマブルなLSI「FPGA」大手のアルテラ買収を発表。XeonにFPGAを組み込む計画も表明

2015年6月2日

米インテルは、米アルテラの買収を発表しました。買収額は約16.7ビリオンドル(167億ドル、1ドル120円換算で2兆40億円)で、支払いはキャッシュで行われると説明されています。

アルテラは「FPGA」の大手。FPGA(Field Programmable Gate Array)とは、チップ内部のロジックをソフトウェアによってあとから自由に書き換えられるLSIの一種。ロジックを書き換えることで従来のLSIよりも特定の処理を非常に高速に処理できるようになります。

XeonとFPGAを組み合わせた製品を投入する計画

インテルは同社のXeonプロセッサとアルテラのFPGAを組み合わせ、データセンターやIoT向けの市場へ投入する計画を明らかにしています。下記は発表から引用。

The combination is expected to enable new classes of products that meet customer needs in the data center and Internet of Things (IoT) market segments. Intel plans to offer Altera’s FPGA products with Intel Xeon® processors as highly customized, integrated products.

(インテルとアルテラの技術の)組み合わせは新しい分野の製品を実現し、それはデータセンターやIoT市場のニーズに合致したものとなるだろう。インテルはアルテラのFPGA製品をインテルXeonプロセッサと組み合わせ、高度にカスタマイズされた統合製品を提供する計画である。

インテルがアルテラ買収にあたり開示したスライドには、2020年までにクラウドサービスプロバイダのサーバノードの3分の1がFPGAを利用するだろうと説明されています。

fig

XeonとFPGAを組み合わせた用途として、画像認識のためのニューラルネットワーク処理、セキュリティ用の暗号化処理、ビッグデータ用の圧縮処理などが想定されており、FPGAをチップに統合することで2倍の処理速度向上が期待できるとのことです。

FPGAをどう使いこなすのかという課題が確実にやってくる

これまでインテルの成長を支えてきたムーアの法則の限界が近づいてきたと言われる中、インテルは新たなプロセッサの性能向上技術の重要な要素としてFPGAを手にしたことになります。

インテルの計画通り、いずれFPGAを組み込んだXeonプロセッサが登場してくることでしょう。ということは開発ツール、プログラミング言語、ライブラリ、アプリケーションなどシステム構築のさまざまな要素で、そしてそれに関わるエンジニアにとって、FPGAという技術をどう使いこなすのか、新たな課題に直面することがほぼ確実な状況になってきました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : Intel , クラウド , サーバ , データセンター



≫次の記事
GitHubはオープンソースのプロセスを標準化した。これからはコード開発以外にも使われていく。AWS Summit Tokyo 2015
≪前の記事
「Linuxシステム管理標準教科書」PDF/EPUBで無償公開。Kindle版、製本版の提供も。エルピーアイジャパン

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig



blog comments powered by Disqus