Google Compute EngineがWindows Serverを正式サポート

2015年7月15日

Googleが提供するIaaS型クラウドサービス「Google Compute Engine」で、Windows Serverの正式サポートが発表されました

Google Cloud Platform Blog: Bringing Windows Server to Google Cloud Platform

サポートされるのは、Windows Server 2012 R2とWindows Server 2008 R2。

Windows Serverからは、Google Cloud Platformが提供するブロックストレージ、安価なバックアップ用ストレージの「Cloud Storage Nearline」などさまざまなサービスの多くが利用可能です。

Google Cloud Engineでは、昨年2014年12月にWindows Serverのベータサポートを開始。半年少々で正式版になりました。

この発表が行われた7月14日は、Windows Server 2003のサポートの終了日でもあります。Windows Server 2003のユーザーはオンプレミスでのアップグレードではなくクラウドへ移行してほしいというメッセージなのでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

カテゴリ クラウド
タグ  Google , Google Cloud Platform , Google Compute Engine , Windows Server


次の記事
OpenStack Mリリースの名称が「OpenStack Mitaka」(三鷹)に決定、紆余曲折の末。10月に東京開催のOpenStack Summitにちなみ

前の記事
[速報]米マイクロソフトが「Project GigJam」発表。指先や音声でアプリケーションのマッシュアップを作り、人やデバイスで共有する


カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig