リアクティブプログラミングの「Meteor 0.9.2」登場、iOS/AndroidアプリもPhoneGapで可能に。ブラウザから簡単にコードを試せる「MeteorPad」も公開

2014年9月17日

リアクティブプログラミングを実現するフレームワークとして知られる「Meteor」の最新版「Meteor 0.9.2」が公開されました。0.9.2ではPhoneGap/Cordvaをサポートし、MeteorのクライアントアプリケーションをiOSアプリケーションやAndroidアプリケーションとして生成可能になりました。

また、同時にコードプレイグラウンドとして「MeteorPad」が公開され、Webブラウザから簡単にMeteorのコードを記述して動作を試せるようになっています。

iOS/Androidアプリも開発可能に

Meteorが実現するリアクティブプログラミングとは、アプリケーション内で発生したデータの変更が、そのアプリケーションを構成するサーバやクライアントなどすべてに自動的に伝播し、表示も含めて自動的に反映されるというもの。Meteorを用いると、HTMLとCSS、JavaScriptを利用してWebアプリケーションを構築することができます。

今回公開されたMeteor 0.9.2では、MeteorのクライアントとしてWebブラウザだけではなくiOSやAndroidのパッケージアプリケーションをサポート。PhoneGap/Cordvaのパッケージに数行のMeteorコマンドを追加することで、アプリケーションからiOSやAndroidのネイティブAPIを呼ぶことができるようになるとともに、アプリケーションをパッケージ化してiOSのApp StoreやAndroid Marketで公開することができるようになりました。

また、いわゆるコードプレイグラウンドとしてWebブラウザ上で簡単にMeteorのプログラミングを簡単に試せる「MeteorPad」も公開されました。

fig

MeteorPadをWebブラウザで開くと、画面左側には自由にHTML/CSS/JavaScriptのコードを入力できるエディタ部分。画面右側にはアプリケーションの実行イメージ、画面下にはMeteorの動作状況が表示されています。

最初からエディタ部分にはサンプルコードが用意されており、右側の実行イメージですぐに動作を試すことができます。さらに左側のコードを書き換えるなど、簡単にMeteorの動作を試すことができるようになっています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : HTML5 , JavaScript



≫次の記事
MINIX 3.3がリリース。1万2700行ほどのマイクロカーネル、ARMサポートとクロスコンパイラなど対応
≪前の記事
2014年8月の人気記事「ITまんが 2014年版」「ソニー銀行は金融機関としてAmazonクラウドをどう評価したのか?」「VMware、Dockerのような独自の新技術発表」ほか

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig



blog comments powered by Disqus