Google Compute Engine、全リージョンで約10%の値下げを実施。クラウドの価格もムーアの法則に従うべきと

2014年10月2日

Googleは同社が提供するIaaS型クラウドサービスの「Google Compute Engine」の全てのリージョンで、仮想サーバの提供価格を約10%値下げすると発表し、実施しました

Googleは今年の3月に開催したイベント「Google Cloud Platform Live」で、同社シニアバイスプレジデント Urs Hölzle氏が「クラウドの価格もムーアの法則に従うべきだ」と発言。クラウドの価格を積極的に引き下げていくと宣言していました。

fig3月に開催された「Google Cloud Platform Live」に登壇したGoogle シニアバイスプレジデント Urs Hölzle氏

今回の値下げは、その宣言に沿ったもので、プレスリリースでも引き続きクラウドの価格をムーアの法則にのっとっていくとしています。

全てのクラウドの本質、それは、シンプルで、プロビジョニングに時間がかからず、スケールアップやダウンに手間がかからず、価格はムーアの法則にのっとっていることだと信じています。(プレスリリースから)

今回発表された新価格は以下となっています。

fig

3月のイベントで値下げを発表してから、Googleは約半年で再び値下げを実施しました。今後もしばらくはこのペースで値下げを続けるのでしょうか。そしてムーアの法則はあと10年ほどで終わると言われています、そのときGoogleはどのような新しい形のクラウドを見せてくれるのでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

カテゴリ クラウド
タグ  Google , IaaS


次の記事
オープンソースでネットワーク機能の仮想化を促進する「OPNFV」が発足。AT&T、チャイナモバイル、NTTドコモなど主要キャリアとシスコ、ブロケード、HP、IBMなど主要ベンダーが団結

前の記事
「アスキー」ブランドの技術書はもう出ないのかな(追記あり)


カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig