レッドハットがPaaS型クラウド「OpenShift Online」正式サービス開始。Java、PHP、Ruby、Node.jsなど多言語対応。無料プランは継続

2013年6月13日

米レッドハットは、これまでプレビュー公開としてきたPaaS型クラウドサービスの「OpenShift Online」を、商用サービスとして正式に提供開始すると発表しました

Red Hat | Red Hat Unveils Fully-Supported Public PaaS Offering, OpenShift Online

OpenShift Onlineは、いわゆるPaaS(Platform as a Service)型のクラウドサービスで、Java、Ruby、PHP、Node.js、Python、Perlなどの多様な言語と、MySQL、MongoDB、PostgreSQLなど複数のデータベースをサポートするのが特長です。

開発はオープンソースの「OpenShift Origin」として進められており、KVMやVirtualBox、VMwareなどの仮想マシン上で動作するイメージも提供されているため、ノートPCで試すこともできるようになっています。

また企業が自社のデータセンターでプライベートクラウドとしてOpenShiftを稼働させるためのソフトウェア「OpenShift Enterprise」も提供されています。

複数言語、複数データベース対応でオープンソースという特長は、VMwareからスピンアウトしたPivotal InitiativeCloud Foundryが備えた機能や特徴とほぼ同じです。

インスタンス3つまでは無料で利用可能

OpenShift Onlineは、Gear(ギア)と呼ばれるインスタンスの大きさを示す単位でメモリ512MB、ストレージ1GBのスモールサイズのGearが3つまでは無料で利用可能(ただしサポートはなし)。

月額20ドルのシルバープランでは、レッドハットによるサポートが提供され、メモリ1GBのミディアムサイズのギアが最大16個まで利用可能ですが、20ドルにギアの1時間当たりの利用料金が追加されます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : PaaS , Red Hat , クラウド



≫次の記事
連載マンガ Mr. Admin:長持ちPCは美徳?
≪前の記事
Java EE 7対応のアプリケーションサーバ「GlassFish 4」オープンソース版が公開

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig



blog comments powered by Disqus