[速報]VMware、企業向けのDropbox機能「Project Octopus」発表。HTML5対応のリモートデスクトップ「Project AppBlast」も。VMworld 2011

2011年8月31日

VMworld 2011の2日目の基調講演のテーマは「ポストPC時代」。

「ファイルをPCやモバイルデバイスなどで共有できるDropboxは便利だが、課題はIT部門がコントロールできないことだ」VMwareのCTO&シニアバイスプレジデント Stephen Herrod氏は、基調講演でこう指摘しました。

fig

そして、同社が企業向けに「Project Octopus」を開発していることを明らかにしました。

Project OctopusはDropboxのように、ファイルをどのようなデバイスからでも、企業内外にかかわらずアクセス可能にし、共有できる。企業のIT部門はセキュリティポリシーの設定ができると説明しています。

また、Project Octopusのファイル共有機能は、VMwareが提供するコラボレーションソフトウェアのZimbra、仮想デスクトップのVMware ViewやVMware Horizon、Project AppBlastなどとも連動するとのこと。

どのデバイスからも自分のファイルがアクセスできる

同社が公開しているProject Octopusの画面を紹介しましょう。

WindowsのOctopusフォルダの中身。

fig

MacOSの画面。

fig

iPadの画面。同じフォルダ、ファイルが見えます。

fig

Androidの画面。

fig

Webブラウザからもアクセス可能。

fig

HTML5対応ブラウザでWindowsアプリを操作できる

また、HTML5対応のWebブラウザからリモートデスクトップにアクセス可能な「Project AppBlast」も発表しました。

専用のクライアントアプリケーションをインストールしなくとも、HTML5対応のWebブラウザがあれば、どこからでもリモートデスクトップを通じてWindowsアプリケーションが利用可能になります。

この画面はProject AppBlastにより、iPad画面上でWindows版のアプリケーションを操作しているところ。

fig

VMwareはこうしたソフトウェア群によって「ドキュメント中心のPC時代から、どこからでもどんなデバイスからでもサービスが利用できるポストPC時代に対応していく」とHerrod氏は説明しています。

VMworld 2011関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : HTML5 , VMware , Webブラウザ , 仮想化



≫次の記事
デルがパブリッククラウド参入を発表。アジア太平洋/日本地域は来年に
≪前の記事
Heroku、クラウドでJavaのサポート開始。J2EEには背を向ける

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig



blog comments powered by Disqus