JavaScriptで書かれたWeb統合開発ツール「Orion」発表。Eclipseの新プロジェクトとして

2011年1月13日

EclipseはオープンソースによるJavaベースの統合開発環境として知られていますが、そのEclipseで新プロジェクト「Orion」が発表されました。

Life at Eclipse » Blog Archive » Introducing Orion

Orion is not a set of Java plug-ins which run in the existing Java IDE. It is browser-based open tool integration platform which is entirely focused on developing for the web, in the web. Tools are written in JavaScript and run in the browser.

Orionは、既存のJava IDEに対応したJavaプラグインのセットではありません。ブラウザベースのオープンなツールの統合プラットフォームであり、Web開発に完全にフォーカスし、それをWebで実現したものです。ツール群はJavaScriptで書かれており、ブラウザ上で稼働します。

EclipseのブログLife at Eclipseのエントリ「Introducing Orion」では、Orionをこのように説明しています。また、サーバサイドは現在JavaによるOSGiベースで開発されていますが、WebブラウザとはREST形式でやりとりするため、ほかの言語での実装も可能にするとしています。

統合開発環境をWebベースへ移行する

Orionはまだ開発初期の状態ですが、Eclipse開発チームのUIリードであるBoris Bokowski氏のブログBoris Bokowskiにポストされたエントリ「Orion」に、画面キャプチャが公開されています。

fig

JavaScriptの開発環境がブラウザで動作しているようです。左側は関数のクロスリファレンスのようで、中央の赤い点はブレークポイントのように見えます(追記 2011/1/14 シンタックスエラーではないかとコメントで指摘をいただきました。セミコロンが重なっているエラーが表示されているので、たしかにそのようですね)。

Bokowski氏は現状を以下のように説明しています。

What we have today is a fast and scalable code editor that runs in all major browsers, plus some code around it for navigating files and folders, and doing full-text search.

いまあるのは、メジャーなブラウザに対応した、高速でスケーラブルなコードエディタ、加えてファイルやフォルダのナビゲーション、そしてフルテキストサーチなどだ。

Orionが目指しているのは、Webブラウザ上でWeb開発に必要なあらゆる機能を実現すること。

Bokowski氏は「ソフトウェアデベロッパーとして、私たちはすでにBugzilllaのようなWebベースのバグトラッキングシステム、Hudsonのようなビルド管理ツール、Gerritのようなコードレビューツール、ドキュメントの参照やコードスニペットの検索をWebブラウザで行い、GitHubをブラウズしているだろう」と書いた後で、次のようにOrionの最初の目的を語ります。

if you are doing client-side web development, all you need in addition to the above browser-based tools is:

  • a decent code editor,
  • a way to navigate your files and folders,
  • a way to version-control your files,
  • and a debugger.

This is exactly what we're trying to build first.

もしもあなたがクライアントサイドのWeb開発をしているなら、これらに加えて次のようなブラウザツールがあればいいはずだ。

  • 適切なコードエディタ
  • ファイルヤフォルダの操作
  • バージョンコントロール
  • デバッガ

これがまさに私たちが最初に開発しようとしているものだ。

Orionのプロジェクトステートメント「Orion/Project mission statement」にはこう書いてあります。

we will move software development to the web as a web experience, not by cloning the desktop IDE experience.

私たちはソフトウェアの開発環境をWeb体験としてのWebへ移行する。それはデスクトップ用の統合開発環境の置き換え(クローン)ではない。

JavaScriptの統合開発環境はこれまでメジャーなものはありませんでしたから、この先Orionの進化は非常に楽しみです。すでにコードはEclipseのサイトからダウンロード可能です

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : Eclipse , JavaScript , Webブラウザ , オープンソース



≫次の記事
NoSQLはLinuxディストリビューションの歴史のようになる、2011年のNoSQLに関する予想
≪前の記事
IaaSクラウドではAmazonが圧倒的ビジョナリー。米ガートナーのマジッククアドラント

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig



blog comments powered by Disqus