HTML5 vs ネイティブ。モバイルアプリはどちらで開発するべき?(前編) Google I/O 2011

2011年5月25日

モバイルアプリケーションを開発する方法として、JavaやC/C++などのプログラミング言語とSDKを用いてネイティブアプリケーションとして開発する方法以外に、HTML5/CSS/JavaScriptを用いて開発する方法が登場してきています。

この2つのアプリケーション開発にはどのような違いや利点があるのでしょうか? Androidを題材にして解説したセッション「HTML5 versus Android: Apps or Web for Mobile Development?」がイベントGoogle I/O 2011で行われました。

HTML5でモバイル開発を行う利点

Reto Meier氏(左)、Michael Mahemoff氏(右)。

fig

HTML5とネイティブアプリケーションについて、その違いやそれぞれの利点について紹介したいと思う。

fig

Mahemoff氏。まずはHTML5のケースについて紹介しよう。

HTML5はすでにモバイルプラットフォームで使える技術であり、多くの機能を備え、広く使われているオープンな仕様である。

fig

ネイティブアプリ? なんのネイティブ? OSのバージョンも複数あり、プログラミング言語も違うし、環境が変われば学習しなおさなければならない。テストにも時間がかかるだろう。

fig

HTML5はさまざまなデバイスに対応できる。どのデバイスもWebブラウザを備え、HTML5に対応している。タブレットにも、テレビにも。さまざまなOSに対応している。Webアプリケーションなら、どんなプラットフォームでも利用できるのだ。

fig

HTML5はフレキシブルだ。HTMLでコンテンツを、JavaScriptでロジックを、CSSでデザインを設定する。CSSで同じコンテンツに対して画面の大きさの違いにも対応できる。

fig

HTML5の機能を見てみよう。ジオロケーションの地理情報や、マルチタッチ、カメラのようなデバイスAPIや音声認識といった入力機能を備える。

fig

アウトプットには、Canvasによる描画やビデオなどの機能も備える。

fig

AjaxやWebSocketなどのネットワーク機能も実現している。オフラインも備える。こうした多機能なのがHTML5だ。

fig

そして標準がベースになってさまざまな実装が登場し、それぞれが競争して高速なものになっている。

iPadアプリケーションをHTML5で開発する例が出てくるなど、HTML5はモバイルアプリケーションのための技術として使われ始めている。

そしてさまざまなライブラリ、デバッグツール、コミュニティなど、HTML5を取り巻く環境も充実している。

fig

(では、ネイティブアプリケーションの利点とは何か? 続きは「HTML5 vs ネイティブ。モバイルアプリはどちらで開発するべき?(後編) Google I/O 2011」で)

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : Android , Google , Web標準 , モバイル



≫次の記事
HTML5 vs ネイティブ。モバイルアプリはどちらで開発するべき?(後編) Google I/O 2011
≪前の記事
Twitterにおける大規模システム構築、3つの原則

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig



blog comments powered by Disqus