Heroku、クラウドでScalaにも対応。これで6言語目

2011年10月14日

クラウドでPaaSを提供しているHerokuが、Scalaの対応を発表しました。

Heroku | Scala on Heroku

同社は今月、Pythonのサポートも発表したばかりで、これでRuby、Clojure、Java、Python、JavaScript(Node.jsによる)に続く6言語目の対応となります。

ScalaはJava VM上で動作する言語で、「オブジェクト指向プログラミングと関数型プログラミングを巧みにブレンドした言語」だとHerokuは説明しています。同社はすでにJava VMでJavaとClojureの対応を行っており、Java VMの存在が多言語対応のポイントになっています。

Facebookアプリケーションのホスティングで急成長

Herokuは9月にFacebookとの協業を発表し、Facebookアプリケーションのデフォルトのホスティングサービスとして指定されています。

その結果、Herokuによると協業発表後の24時間で3万3800種類の新しいアプリケーションがHeroku上にホストされ、その後も急速にアプリケーション数が増加しているとのこと。もともとHerokuはソーシャルアプリケーションなど、いわゆるWeb 2.0系アプリケーションのプラットフォームとして強味を発揮しており、Facebookとの協業でその得意分野を活かした成長が予想されます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

カテゴリ クラウド
タグ  Java , PaaS


次の記事
PaaSの動向(前編):初期のPaaSは完成度が高いがロックインされやすい

前の記事
Java EE 7はクラウドのPaaS基盤に進化、来年Q3にリリース予定。JavaOne 2011

カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig