マイクロソフトもOutlookにタイムライン機能を追加、Twitterに対応しないわけがない

2010年2月19日

マイクロソフトは現在開発中のOffice 2010のソーシャル機能を強化する目的で、Outlook 2010がMySpaceやFacebook、LinkdInなどのソーシャルネットワークと連係できる「Outlook Social Connector」を発表しました。

Microsoft Outlook 2010 : Announcing the Outlook Social Connector

Social Connectorを使うと、インボックスに友人のタイムラインを表示したり、アドレス帳がLinkedInの情報と連係する、などの機能が追加されます。

Social Connectorは構造がプラグイン形式になっており、プラグインの開発によって新たなソーシャルネットワークへの対応も可能。となれば現在はアナウンスされていませんが、TwitterやGoogle Buzzといったサービスへの対応も、マイクロソフト自身あるいはサードパーティによって実現される可能性が非常に高いといえます。

インボックスの下部にタイムライン

Social Connectorを利用するとインボックスの下部にペインが設けられ、そこにメールの相手に対する以下の情報がタイムラインの形式で表示されます。

fig Outlookのインボックス下部に、Social Connectorのペインが表示される

例えば、ソーシャルメディア上で相手がポストした写真、つぶやき、などのアクティビティがタイムラインとして表示されるわけです。

fig 相手のアクティビティなどがタイムライン形式で表示される

また、LinkedInで変更した連絡先が自動的にアドレス帳の連絡先に反映されるとも説明されています。

誰でもプラグインを開発可能に

Social Connectorはプラグイン構造になっており、Providorと呼ばれるプラグイン部分を追加することで、さまざまなソーシャルネットワークに対応可能です。マイクロソフトは、誰でもProvidorを開発でき、企業の業務アプリケーションなどに対応させることができると説明しており、SDKもすぐに公開されるとのこと。

fig Outlook Social ConnectorはProviderをビルトインすることで拡張可能な構造になっている

これにより、すぐにでもTwitterやGoogle Buzzなど主要なソーシャルネットワークやそのほかのアプリケーションとの接続の実現が期待されます。

ソーシャルネットワークは新しい情報共有手段として定着か

セールスフォース・ドットコムはChatterを発表し、IBMはProject Vulcan、SAPは12sprints、グーグルはGoogle Buzz、そしてマイクロソフトはOutlook Social Connectorと、ビジネスアプリケーションベンダーが企業内の情報共有手段としてマイクロブログやソーシャルネットワークを応用することは明確なトレンドとなっています。

しかし問題はそれを企業が受け入れてくれるかどうか、でしょう。個人には急速に広まっていったマイクロブログやソーシャルネットワークが企業内の情報共有手段として定着するかどうか、読者のみなさんはどう思われるでしょうか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Delicious

タグ : Microsoft , Office , Twitter



≫次の記事
「グーグルよ、動画コーデックのVP8をオープン化しYouTubeに採用すべきだ」フリーソフトウェア財団が公開書簡
≪前の記事
プライベートクラウドを構築した大手国内企業、その理由と利点を語る

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


新サイト「Publickey Topics」始めました!


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
RSSリーダーで : Feed





アクセスランキング - 過去7日間

  1. マイクロソフト、Windows Serverをコンテナ向けに徹底軽量化した「Nano Server」を発表。サイズを10分の1以下に
  2. クラウドでコードが走る「AWS Lambda」正式公開。AWS Mobile SDKでモバイル対応。Node.jsに加えてJavaでの記述も可能に
  3. 「さくらのクラウド」が石狩リージョンに加えて東京リージョンを提供開始。リージョン間のブリッジ接続も可能に
  4. Docker対応の「Amazon EC2 Container Service」正式公開。コンテナ群のロードバランス、スケールアウト、デプロイ機能なども強化
  5. 「Amazon Machine Learning」発表。クラウドで機械学習サービスを提供
  6. ノイジーネイバーを遮断する新型コンテナ「Hyper-V Container」をマイクロソフトが発表。Windows Server上の新しいコンテナ実装
  7. 「ストレージで提供する価値の多くがソフトウェアで実現されている」。EMCのオールフラッシュストレージ製品マネージャに聞く、フラッシュストレージの価値と進化
  8. 新ストレージサービス「Amazon Elastic File System」(Amazon EFS)登場。NFSでマウント、ファイル容量にあわせて自動的にキャパシティが増減しプロビジョニング不要
  9. SEと営業のためのヒアリング講座/MySQLをスケールアウトするVitess/Google、3秒以内にデータ取得できるニアラインストレージ。2015年3月の人気記事
  10. Vagrant、Terraform、Packer、Serf、ConsulなどHashiCorp製品の導入支援とトレーニングをクリエーションラインが開始
  11. AngularJSのエキスパート達が語る、AngularJSの使いどころとつらいところ(前編)。Deverlopers Summit 2015
  12. 全オラクル営業担当がPaaSを販売、日本オラクルがクラウドを本格展開へ。Oracle CloudWorld Tokyo 2015
  13. [速報]マイクロソフトの新ブラウザ「Project Spartan」発表。新レンダリングエンジン、Webページの共有機能など
  14. Publickey Smar
  15. 今からでも間に合うDockerの基礎。コンテナとは何か、Dockerfileとは何か。Docker Meetup Tokyo #2

Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig



blog comments powered by Disqus