グーグルがHTML5のMicrodataに早くも対応

2010年3月16日

Microdataは、HTMLにメタデータを埋め込むための記述方法です。HTML5の仕様の一部として策定が開始され、現在はW3CのHTML5仕様からは独立した仕様となっています

そのMicrodataをグーグルが読み取って「リッチスニペット」に利用すると、ブログ「Google Webmaster Central Blog」のエントリ「Microdata support for Rich Snippets」で明らかにしました。

リッチスニペットのデータとしてMicrodataを読み込み

リッチスニペットとは、検索結果に表示される情報です(ただしすべての結果に表示されるわけではありません)。

fig

上記の例(グーグルのリッチスニペットのページから)では、ネット上のレビュー記事をグーグルが自動的に集計して、星の数を表示しています。

このリッチスニペットを構成するために、グーグルはネット上のさまざまなレビュー記事を読み込み、集計するわけです。そして、ネット上の記事がレビュー記事であり、何をレビューし、星の数がいくつなのか、といったメタデータとして埋め込む方法としては、いままでMicroformatsやRDFaなどがありました。そこに新たにMicrodataが加わった、ということになります。

Microdataの詳細については、以下のPublickeyの記事をご参照ください。

実際のHTMLにレビュー記事用のMicrodataを組み込んだHTMLのサンプルが、上記のエントリにありましたので引用しましょう。

<div itemscope itemtype="http://data-vocabulary.org/Review" >
  <h1>Review: <span itemprop="itemreviewd">L'Amourita Pizza</span></h1>
  Written by <span itemprop="reviewer">Bob Smith</span>
  <time itemprop="dtreviewd" datetime="2010-01-15">Jan 15, 2010</time>
  Rated <b itmprop="rating">4.5</b> - Excellent
</div>

名前空間として"http://data-vocabulary.org/Review"が指定されており、どのお店か? 著者名、日付、レーティングなどがMicrodataとして指定され、ロボットがちゃんと読み取れるようになっています。

個人的にもMicrodataはMicroformatsよりも書くのが簡単なように思います。また上記のサンプルを見れば分かるとおり、HTML5でなくともMicrodataの埋め込みは可能です。グーグルがMicrodataへの対応を明らかにしたことで、Microdata形式でメタデータの埋め込みを行うためのツールや、情報が実際に埋め込まれたWebサイトが今後登場してくることでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : Google , HTML5



≫次の記事
[速報]IE9プレビュー版が公開! HTML5準拠を約束、マルチコア、GPU対応で高速動作へ
≪前の記事
[速報]マイクロソフトのSilverlight 4RCが本日公開、Windows Phone 7の開発ツールも無償公開へ

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig



blog comments powered by Disqus