セキュリティを高めた「仮想化Firefox」を無償配布、デル

2010年7月26日

米デルは、アプリケーション仮想化技術によってセキュリティ性能を高めたWebブラウザ「Dell KACE Secure Browser」(以下、Secure Browser)の無償配布を開始したと発表しました。対応OSは、Windows XP/Vista/7の32ビット版。

Secure Browser - Dell KACE

Secure BrowserはFirefox 3.6をベースとし、アプリケーション仮想化によって実行環境をOSから隔離することで、Webブラウザ経由でOSやほかのアプリケーションがマルウェアなどに感染するのを防ぎます。

またブラウザのファイルや設定などが書き換えられた場合でも、すぐに元に戻せる機能、特定のサイトのみアクセスを許可するホワイトリスト機能や、特定のサイトへのアクセスをブロックするブラックリスト機能なども備えています。

fig Secure Browserの設定画面。全体はアプリケーション仮想化を示すウィンドウ内で動作している。設定画面では、ブロックされたプロセス、怪しいプロセス、ブロックされた通信などが表示されている

あらかじめAdobe ReaderとFlashプレイヤーのプラグインも備えており、普通のブラウザと同様に利用可能です。

Secure Browserは同社の「Dell KACE K1000 Management Appliance」を利用すると集中管理でき、ホワイトリストやブラックリストなどを一斉に配布したり、アクセスポリシーを設定することが可能。企業内でのWebブラウジングをセキュアに実現できるとのことです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : Firefox , セキュリティ



≫次の記事
IT系上場企業の平均給与を業種別にみてみた 2010年版 ~ ネットベンチャー、ISP/ホスティング企業編
≪前の記事
Twitter、急成長に対応するため独自のデータセンターを年内設置へ

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig



blog comments powered by Disqus