Amazonクラウド、クラウドにチューンされたLinuxとアップデートパッチを提供

2010年9月16日

Amazonクラウド専用にチューンアップされたLinuxディストリビューション、しかもアップデートも自動的にAmazonクラウドから提供される。Amazonクラウドが提供開始を発表した「Amazon Linux AMI」は、Amazonクラウドが自身のクラウド専用に作成したディストリビューションといえます。

Amazon Linux AMI (Beta)

AmazonクラウドにチューンアップされたLinux

Amazon Linux AMI (Beta)の解説によると、Amazon Linux AMIは以下の特徴を備えています。

Amazonクラウドのエバンジェリスト、玉川憲氏によるAmazon Web Servicesブログのエントリ「Amazon Linux AMIの提供開始」によると、こうした特徴により「AWS用にチューンアップされた"Amazon Linux AMI"」と表現されています。

Amazon Linux AMI User Guide(PDF)によると、Amazon Linux AMIは、CentOSと似たファイル構成になっているとのこと。パッチなどのアップデートは随時提供され、OSを再起動するだけで最新の状態になるほか、yumコマンドでリポジトリからアップデートすることも可能と説明されています。

ただし「このLinuxをAmazonクラウド以外で使えますか?」という問いには「いいえ、Amazon EC2以外で利用可能ではありません」と記されています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : AWS , Linux



≫次の記事
MySQLの将来が心配なので、(たぶん)日本一のMySQLエキスパート「日本男児」に聞いてみた
≪前の記事
[速報]Internet Explorer 9βが公開。新しく作り直されたユーザーインターフェイス

カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig