意外に多い? すでに46%がHTML5対応ブラウザを利用中との調査

2010年5月31日

すでにChromeやFirefox、Safari、Operaの最新バージョンではHTML5およびその関連機能の多くが実装されていますが、こうしたHTML5対応のWebブラウザの利用者はどのくらいの割合で存在するのでしょうか?

米オンライン広告配信企業Chitikaが調査した結果によると、同社のアドネットワークでは約46%のユーザーがHTML5対応のWebブラウザを利用しているとのことです。結果を示した記事「How Many Web Surfers are Ready for HTML5?」からグラフを引用します。

fig

HTML5対応ブラウザの中でのシェアは、Firefox 3.5以上が46%でトップ。続いてChromeが26%、そしてSafari 3以上が24%。わずかですがChromeがSafariを上回っている点は興味深いです。

fig

現時点でざっくり半数のWebブラウザがHTML対応という結果は、予想以上に多いと思わせる数字です。年内にはInternet Explorer 9が登場するでしょうから、今年中にはHTML5対応ブラウザのシェアは60%から70%程度になるのではないでしょうか? そうなれば来年には一気にHTML5を使うことが普通になっていくかもしれません。

この調査は同社のアドネットワークの2010年5月時点での、4928万4424インプレッションに対して行われたとのことです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : HTML5 , Webブラウザ , Web標準



≫次の記事
NoSQLを超えるSQLデータベース「VoltDB」。Cassandraとベンチマーク対決!
≪前の記事
グーグルのBigQuery、大規模処理の「仕組みは秘密です」

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig



blog comments powered by Disqus