コミックで読む、XHTML2の開発中止とHTML5登場の意味 「マークアップ言語の誤解を解く」

2009年8月17日

W3Cは7月2日に、XHTML2の開発を中止しHTML5の開発に注力する、という発表をしました。この先、XHTMLはどうなってしまうのか? そしてXHTMLとHTMLの関係はどうなっているのか? という疑問に答えるための分かりやすい解説がコミックで描かれています。HTML5の解説にもなっていて、HTML5に興味のある方には一読をお勧めします。

Misunderstanding Markup: XHTML 2/HTML 5 Comic Strip | How-To | Smashing Magazine

もともとこのマンガは、WebデベロッパーであるJeremy Keith氏のブログのエントリ「Adactio: Journal--Misunderstanding markup」を、WebデザイナーのBrad Colbow氏がコミックに描き起こして、Smashing magazineの記事「Misunderstanding Markup: XHTML 2/HTML 5 Comic Strip | How-To | Smashing Magazine」として掲載されたものでした。

それを日本でWeb標準についてブログなどで情報発信しているミツエーリンクスが許可を得て日本語に翻訳したのが、ここで紹介するコミックです。また、基になったJeremy Keith氏のブログのエントリも同社によって翻訳されています

fig Misunderstanding Markup(日本語訳)。全部を読むには「"Misunderstanding Markup"日本語訳」を参照

関連記事 on Publickey

参考記事 on the Web

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : HTML5 , Web標準 , おもしろ



≫次の記事
グーグルが「Google File System」次期バージョンを開発中
≪前の記事
報告:広告の表示を開始しました、検索機能も少し変更しました

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig



blog comments powered by Disqus