Istio、Cloud Native Computing Foundationの正式なプロジェクトとして採択されたと発表。これでクラウドネイティブの基盤ソフトウェアはほぼ全てCNCF傘下に

2022年9月29日

Istioの開発チームとCloud Native Computing Foundation(CNCF)は、IstioがCNCFのインキュベーションプロジェクトとして正式に採択されたことを発表しました。

Istioは、Google、IBM、Lyftなどが中心となって2016年に開発が開始されました。特にGoogleはこのIstioをKubernetesをベースとした同社のマルチクラウドソリューションであるAnthosで採用しており、Istioの開発にも中心的な存在として関わってきました。

Istioはサービスメッシュと呼ばれる分野の代表的なソフトウェアです。

サービスメッシュとは、Kubernetesに代表される分散システム上で展開されるさまざまなサービス間を通信でつなぐ役割とともに、そのトラフィックの管理やルーティング、ロードバランシング、暗号化通信や認証サービス、モニタリングなどを実現します。

IstioはそのプロキシとしてEnvoyを採用し、また機能拡張する仕組みとしてWebAssemblyを採用していることが大きな特徴です。

今回のCNCFによる採択により、Istioの開発はCNCF主導で継続されることになります。

CNCFはKubernetesを始めとして、いわゆる「クラウドネイティブ」なソフトウェアを実現するための主要なソフトウェアの開発を主導していますが、これまでIstioは主要なソフトウェアとしては唯一CNCF主導ではないオープンソースだったと言っていいでしょう。今回、IstioがCNCFのプロジェクトになったことで、CNCFはクラウドネイティブのための基盤ソフトウェアのほぼすべてをその傘下に収めたことになります。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly


関連タグ クラウド / クラウドネイティブ / Istio



タグクラウド(β版)

クラウド / AWS / Azure / Google Cloud
コンテナ / Docker / Kubernetes
クラウドネイティブ / サーバレス
クラウド障害 / 運用・監視

プログラミング言語 / 開発ツール
JavaScript / Java / .NET / WebAssembly
HTML/CSS / Web標準

アジャイル開発 / スクラム / DevOps / CI/CD
ソフトウェアテスト・品質
ローコード/ノーコード開発

データベース / RDB / NoSQL / 機械学習・AI
Oracle Database / MySQL / PostgreSQL
Office / 業務アプリケーション

ネットワーク / HTTP / QUIC / セキュリティ
OS / Windows / Linux / VMware
ハードウェア / サーバ / ストレージ

業界動向 / 働き方 / 給与・年収
編集後記 / 殿堂入り / おもしろ

全てのタグを見る

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed


最新記事10本