「Kubernetesはオープンソースのコンテナオーケストレーションのデファクトになった」と、CoreOSがfleetの開発を終了、代わりにKubernetes採用を発表

2017年2月9日

Dockerの競合としてコンテナに最適化したContainer Linux(旧CoreOS)などを展開するCoreOSは、これまで同社が推進してきたコンテナオーケストレーションツール「fleet」の開発を終了し、今後はKubernetesを採用すると発表しました

Container orchestration: Moving from fleet to Kubernetes

today we are seeing widespread adoption of Kubernetes, which has become the de facto standard for open source container orchestration.

現在、Kubernetesは広く使われており、オープンソースのコンテナオーケストレーションとしてデファクトスタンダードになった。
(「Container orchestration: Moving from fleet to Kubernetes」から)

fleetの開発は事実上この2月で終了し、脆弱性やバグなどの対応のみを行うメンテナンスモードへ移行。1年後の2018年2月にはContainer Linuxへのバンドルも終了する予定です。

同社はただちに社内の開発リソースをKubernetesにシフトさせると説明していますが、同社は以前からKubernetesの開発を主導するCloud Native Computing Foundationのメンバーであり、数年前からKubernetesの開発にも参加してきたとのこと。

CoreOS developers lead Kubernetes release cycles, Special Interest Groups (SIGs), and have worked over the last two years to make Kubernetes simpler to deploy, easier to manage and update, and more capable in production.

CoreOSのデベロッパーたちはKubernetesのリリースサイクルやSIGなどをリードし、そしてKubernetesのデプロイをシンプルにし、管理やアップデートを容易にし、より本番環境に対応させるべく、この2年のあいだ貢献してきました。

コンテナオーケストレーションツールはKubernetes、Swarmなどをはじめとして、現在さまざまなベンダが開発を進めており、コンテナのエコシステムの中でももっとも競合の激しい分野と言っていいでしょう。ここで有力なベンダの1つであるCoreOSがKubernetesを採用したことは、Kubernetesにとって大きな前進だといえます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : CoreOS , Docker , クラウド , コンテナ型仮想化



≫次の記事
Bash on Windowsが強化、Linux版のJavaやGo、PostgreSQLなどもWindowsで実行可能に。3月リリースのWindows 10 Creators Updateで
≪前の記事
倒産したRethinkDB、知的財産を買い取ってもらいLinux FoundationがApacheライセンスで公開。今後もコミュニティによる開発は続く

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig



blog comments powered by Disqus