GitHubでもっとも人気の言語はJavaScript、フォークされたのはTensorFlow。GitHubが今年の統計情報「The State of the Octoverse 2017」を発表

2017年10月17日


GitHubは、2017年10月時点でのGitHubの利用者数やリポジトリ数などGitHubの統計情報をまとめた「The State of the Octoverse 2017」を発表しました。

今年で10年となるGitHubのユーザー数は2400万人、組織数は1500万。リポジトリ数は6700万個。過去1年で10億回コミットが実行され、1250万のアクティブなイシュー、130万回の新規プルリクエスト発行などが明らかにされました。

また、もっとも人気のある言語はJavaScriptが圧倒的で、次がPython、Javaが続いています。

Octoverse 2017 fig1

もっともフォークされたプロジェクトはTensorFlow、次がBootstrap。また、コントリビュータの数ではVisual Studio Codeがトップで、次がReact Nativeとなっています。

Octoverse 2017 fig2

そのほかレビューアー数、OAuth対応アプリの数、マーケットプレイスでもっとも販売されているソフトウェアなど、多くの情報がまとまっています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

カテゴリ 開発ツール / 言語 / プログラミング
タグ  GitHub


次の記事
[速報]DockerがKubernetesとの統合およびサポートを発表。DockerCon EU 2017

前の記事
「Bash on Windows」という名称は非推奨に。正式名称「Windows Subsystem for Linux」(WSL)としてベータを卒業、正式リリースに


カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig