Google Compute Engine、68万IOPSの性能を持つ3TBの高速SSDと、64TBのブロックストレージが利用可能に

2016年2月3日

Googleは同社のクラウドサービスのGoogle Compute Engineで利用可能な新しいローカルSSDなどを発表しました

Google Cloud Platform Blog: Compute Engine now with 3 TB of high-speed Local SSD and 64 TB of Persistent Disk per VM

高速アクセスを実現するローカルSSDは、1ミリ秒以下のレイテンシと最大68万IOPSのリード、36万IOPSの書き込み性能を提供します。

高速なローカルSSDを利用することで、これまでNoSQLなどで複数サーバによるスケールアウトで高速化を実現していた処理が、より少ないサーバで実現できるようになると説明されています。

ただしローカルSSDは自動レプリケーション機能を備えていないため、障害などが発生した場合にはデータを失う可能性がある点に注意が必要です。ローカルSSDはベータ版として提供開始。

また、「パーシステントディスク」のボリュームサイズが最大64TBまで拡大されました。

ハードディスクドライブを利用した「スタンダードパーシステントディスク」と、SSDを利用した「SSDパーシステントディスク」が選択可能で、いずれもネットワーク経由でブロックストレージとして仮想マシンにアタッチして利用します。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : Google , Google Compute Engine , ストレージ



≫次の記事
スケールアウトするブロックストレージ「ScaleIO」をEMCが無償公開。VagrantとGitHubを使って超簡単にインストール[PR]
≪前の記事
米VMwareが約800人のリストラを発表、どの分野をリストラするかは明示せず。浮いたコストは成長分野へ再投資

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig



blog comments powered by Disqus