マイクロソフト、Windows Serverをコンテナ向けに徹底軽量化した「Nano Server」を発表。サイズを10分の1以下に

2015年4月13日

Dockerのようなコンテナの運用やクラウドでの利用を想定し、Windows Serverを徹底的に軽量化した「Nano Server」をマイクロソフトが発表しました日本語訳)。

Microsoft Announces Nano Server for Modern Apps and Cloud - Windows Server Blog - Site Home - TechNet Blogs

サイズはわずか7%

通常のWindows Serverと比較して、ファイルサイズはわずか7%しかなく(仮想化イメージのVHDでの比較)、重要なセキュリティアップデートは8%しかなく、再起動の必要性も20%しかないとのことです。

マイクロソフトはこのNano Serverを実現するためにWindows Serverをリファクタリングし、GUIスタック、32ビットサポート(WOW64)など多数のコンポーネントを削除。また、現在のWindows ServerにはGUIなどのコンポーネントを省いて軽量化する「Windows Server Core」インストールオプションがありますが、このWindows Server Coreと比較してもNano Serverでは多数のコンポーネントが削除されているとのことです。

Nano ServerはWindows ServerのサブセットとしてAPI互換になりますが、Visual Studioの開発環境はNano Serverで完全にサポートされると説明されています。

次期Windows Serverで実現予定

Nano Serverは次期Windows Serverで実現される予定です。次期Windows ServerではWindows Serverによるコンテナの実装やDocker対応も予定されているため、こうしたコンテナの運用にWindows Serverを最適化させることがNano Server開発の目的となります。

次の記事では、同時に発表されたWindows Server上の新型コンテナ技術「Hyper-V Container」について紹介します。

参考

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : Docker , Microsoft , Windows Server , クラウド



≫次の記事
ノイジーネイバーを遮断する新型コンテナ「Hyper-V Container」をマイクロソフトが発表。Windows Server上の新しいコンテナ実装
≪前の記事
全オラクル営業担当がPaaSを販売、日本オラクルがクラウドを本格展開へ。Oracle CloudWorld Tokyo 2015

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig



blog comments powered by Disqus