新ブラウザ「Microsoft Edge」はSliverlight非対応、Flash Playerは内蔵

2015年7月6日

Windows 10に搭載されるマイクロソフトの新ブラウザ「Microsoft Edge」では、Silverlightがサポートされないことが、マイクロソフトのEdgeチームのブログにポストされた記事「Moving to HTML5 Premium Media」で明らかにされました。

Moving to HTML5 Premium Media | Microsoft Edge Dev Blog

マイクロソフトは5月に、Microsoft EdgeではActiveXをサポートしないと発表しており、この時点でSilverlightもサポートされないことは予想されていました。今回それが明示的に発表されたことになります。

一方で、アドビとの協業によってMicrosoft EdgeにはFlash Playerがビルトインされる予定です

SilverlightはもともとアドビのFlash対抗として登場した技術で、Flashのエバンジェリストがその将来性を見越してアドビからマイクロソフトへ転職したことさえあったほどでした。しかしこの勝負の決着は、今回の決定によってマイクロソフト自身の手でつけた形になったようです。

参考:Flashのエヴァンジェリスト、マイクロソフトへの転職を語る

ただしこれでSilverlightそのものが終了するわけではありません。引き続きInternet Explorer 11ではSilverlightはサポートされるため、Windows 10でもSilverlightは利用可能です。またSilverlightの単独アプリとなるアウトオブブラウザも、これまでと同様に利用できます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : Flash , Microsoft , Microsoft Edge , Silverlight , Webブラウザ



≫次の記事
富士通がオープンソースに貢献したらこうなった/Dockerが新コンテナランタイム「runC」を発表/「Linuxシステム管理標準教科書」PDF/EPUBで無償公開。2015年6月の人気記事
≪前の記事
Hadoopをデータウェアハウスに統合するメリットと、シスコが明かしたIoT戦略を作るフレームワーク[PR]

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig



blog comments powered by Disqus