HTML/JavaScript/CSS対応のWebIDE「Orion 8.0」がリリース。ホバーツールでエラー表示などが強化

2015年3月3日

Eclipse Orion Projectがオープンソースで開発しているWebIDEの「Orion」の最新版、「Orion 8.0」がリリースされました

Announcing Orion 8.0 | Orion News

OrionはWebブラウザから使えるエディタ、デバッガなどが統合されたツールで、HTML/JavaScript/CSSに対応。ファイルマネージャ、エディタ、Gitによるバージョン管理、デバッガ、プレビューなどの機能が含まれています。

エディタのキーバインディングには、viとEmacsが標準で用意されており、マウスとカーソルキーだけでなく使い慣れたエディタの操作でコードの編集が可能。タグを入力するときには下記画面のように補完機能も自動的に働きます。

fig

JavaScriptのコードでは自動的にエラーや警告のある行にマークが付きます(上記の画面の赤丸の部分など)。

Orion 8.0ではホバー表示を行うホバーツール機能が搭載されました。JavaScriptのエラーの内容やCSSで記述された色、グラフィックなどをソースコード上で保バー表示します。

fig

Orion 8.0ではクラスタリングのサポートによって可用性の向上も果たしました。同一ワークスペースに対して複数インスタンスを稼働させることで大きなトラフィックでも耐えられるようになっています。検索機能も強化され正規表現をサポート、グローバルサーチが可能になるとともに検索時間の短縮も計られています。

Orion 8.0はソフトウェアダウンロードして自分で実行できるほかに、OrionHubを利用してWebブラウザから利用することもできるようになっています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

カテゴリ Web技術 / JavaScript
タグ  Eclipse , HTML5 , Webブラウザ , 開発ツール


次の記事
組織内でGitを大規模に運用できる「Stash Data Center」正式版を提供開始、アトラシアン

前の記事
GoogleがFlashからHTML5への自動変換技術を広告配信サーバで実戦投入。Publickeyの広告配信サーバでも提供開始


カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig