ECMAScript 6.0が完成、ECMAが仕様書公開。「ECMAScript 2015 Language Specification」として

2015年6月23日

標準化団体のECMA Internationalは、いわゆるJavaScriptの最新仕様でECMAScript 6.0として策定中だったECMAScriptの仕様を「ECMA-262 6th Edition, The ECMAScript 2015 Language Specification」として承認したことを明らかにしました。

ECMAScript 2015 Language Specification – ECMA-262 6th Edition

完成したECMAScript 6の仕様書は、PDFとHTMLで公開されています。

ECMAScript 6では、これまでプロトタイプベースのオブジェクト指向言語とされてきたECMAScriptにクラス機能が導入され、クラスを簡単に扱えるようになりました。また、引数の数が可変になるRest Parameters、関数の中身が式ひとつの場合に省略して欠けるアロー関数など、多くの機能が追加されています。

ECMAScriptにとって、これまでで最大のバージョンアップと言ってよいでしょう。ECMScript 6はISO/IEC 16262:2016としても承認される予定。

ECMAScriptの解説本が無料で公開

ECMAScript 6の登場に合わせて、ECMAScript 6の機能を詳しく紹介した書籍「Exploring ES6」が無料で公開されています

Exploring ES6: Upgrade to the next version of JavaScript

Exploring ES6は、すでにJavaScriptの知識があるプログラマー向けの英語の書籍。PDF版、EPUB版、mobi版は有償で27ドル(あるいはそれ以上の額)ですが、Web版を無料で読むことができます。

この書籍は現在執筆中で、6月22日時点で90%まで執筆が終わっており、読者には完成まで無料でアップデートが提供されるとのことです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : JavaScript



≫次の記事
[速報]Dockerが新コンテナランタイム「runC」を発表、LinuxとWindowsをネイティブサポート。ライブマイグレーションも可能に
≪前の記事
富士通がオープンソースに貢献したらこうなった。第26回 PaaS勉強会

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig



blog comments powered by Disqus