Meteorがバージョン1.0に到達

2014年10月30日

オープンソースとして開発されているWebアプリケーションのフレームワーク「Meteor」がバージョン1.0に到達したと発表されました

Meteorの最大の特徴は「Live updates」と呼ばれる、アプリケーション内の変数の内容がサーバと全てのクライアントでつねに同期している点です。ブラウザなどから入力や変更された変数の値は、自動的にサーバ内のデータベースに反映され、同時にほかのブラウザ上で実行中の同じアプリケーション内の変数の値にも反映されます。変数の内容を動的に画面に反映するテンプレートエンジンの機能も備えています。

つまりデータベースの項目をアップデートしたり、データの変更をチェックするために定期的にブラウザからサーバへポーリングするといったコードは一切不要で、例えばチャットのような、利用者全員がリアルタイムに情報を共有できるアプリケーションの開発が劇的に容易にできるようになります。

また「Hot deploy」と呼ばれる機能では、サーバからブラウザにコードをプッシュすることができるため、ブラウザからコードのアップデートをチェックしたり、リドローをかけたりといった作業も不要にできます。

MeteorはほかにもWebブラウザだけでなくPhoneGapを使うことでiOS/Androidアプリも開発可能。パッケージマネージャやブラウザからMeteorのコードを簡単に試せる「MeteorPad」が用意されるなど、周辺環境も揃えてきました。

Meteorは2012年に登場し、当時は1年以内にはバージョン1.0をリリースする予定でしたが、結局2年弱かけてバージョン1.0に到達したことになります。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : HTML5 , JavaScript



≫次の記事
Google Compute Engineが最大68万IOPSの超高速なローカルSSDをベータ公開
≪前の記事
[速報]HTML5、ついにW3Cの勧告となる

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig



blog comments powered by Disqus