はてなブログチームの開発フローとGitHub(後編)。GitHub Kaigi 2014

2014年6月24日

GitHub User Group主催のGitHub Kaigiが6月1日、都内で開催されました。

本記事ではGitHub Kaigiの2つ目のセッションとなった柴崎優季氏の「はてなブログチームの開発フローとGitHub」の内容をダイジェストで紹介します。

(本記事は「はてなブログチームの開発フローとGitHub(前編)。GitHub Kaigi 2014」の続きです)

GitHubとレビュー

以前は同僚に、「Pull Requestをしたのでレビューをお願いします」と詳しい人に個別にお願いするパターン。

fig

あるいは開発者が自分でPull Requestのなかからそれっぽい奴をさがしてレビューするか、という2パターンでやっていました。

fig

これもあんまりうまくいかなかったんですね。Pull Requestの状態が分からないので、いまレビューしてもらいたいのか、WIP(Work In Progress:仕掛かり中)で修正中なのか、レビューがもう終わっているのか。分からないので面倒になってレビューをためらうと。

fig

その結果レビューが消化されず、Pull Requestがすごい量になっているのだけど、誰がレビューするんだということで固まってしまうとか、ベテラン開発者がひたすらレビューをし続けるはめになるとか。

fig

GitHubのレビューツールはいいのですが、レビューの促進にはならないので、最近ではレビューの状態をはっきりさせようとか、レビュー依頼の一覧を分かりやすくしようとか、みんなでレビューしようという雰囲気作りをしています。

そのためにやっているのが、レビュー状態ラベルとレビュータイムです。

レビュー状態ラベルは、レビュー状態をはっきりさせるのと、レビュー依頼一覧を分かりやすくする取り組みで、Pull Requestに分かりやすいラベルを付けるというもの。

今まさにレビューして欲しいときに「レビュー依頼」ラベルを付けて、レビューする人は「レビュー中」ラベルを付け、レビューしてコメントを付けたらレビューした人が「レビュー完了ラベル」を。それを見て、レビュー依頼をした人がなにもなければマージ、修正をしたら再レビュー依頼として「レビュー依頼」ラベルを付けると。

fig

issuesはラベル一覧を見ることができるので、いまレビューしてほしいものが分かるようになるのと、自分にアサインされているものの一覧も見ることができます。

fig

みんなでレビューする雰囲気作りのための取り組みとして、レビュータイムをもうけています。レビュータイムは、毎日ランチ後の14時にレビュー依頼タスクを片っ端からみんなで見るものです。

fig

その時間になるとボットに言われてやりはじめると。

fig

レビューのきっかけができて、毎日みんなでレビューするようになりました。

GitHubとリリース

最後にリリースについて。developブランチからmasterにマージしてリリースしていますが、デプロイ自体はコマンド一発でできるようにしています。

fig

ただ、実際にはデプロイ作業以外にもリリースに必要なものがあって、それはマネージャにそもそもデプロイしてもビジネス的にいいですかとか、リリース前に検証環境でみんなで最終確認しましょうとか、そういうのがあるのでなかなか自動化できていなかったんですね。

fig

ですからマネージャに確認せずにリリースしてしまったり、自動化されていない部分を教えないと新人がリリース作業をできなかったり。

そこで最近ではリリース用のPull Requestに手順をまとめるようにしています。developブランチからmasterブランチへのPull Requestを「リリース用のPull Request」と言っていて、リリースされる内容や誰がやったのか、マネージャに確認しましょうと言ったチェックボックスなどのチェックリストなど、これをコマンド一発で作成できるようにしています。

fig

これでリリースミスが減って、誰でもリリースできるようになりました。

fig

このテンプレートを作るツールをgit-pr-releaseとして公開しています。

まとめ

まとめです。

タスク管理はIssesとカンバンで、レビューはレビューラベルやレビュータイムで、リリースはリリース用のPull Requestやgit-pr-releaseなどを使うようにしました。

fig

こんな感じで、はてなブログチームはGitHubをメインに活用していますが、全部がうまくいっているわけではなくて、問題のたびに解決方法を検討しています。

ワークフローは改善し続けることが大事だと思っています。

GitHub Kaigi 2014

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : GitHub , 開発ツール



≫次の記事
高価な共有ストレージアレイを不要にする「VMware Virtual SAN」導入済みサーバ、主要サーバベンダから登場
≪前の記事
はてなブログチームの開発フローとGitHub(前編)。GitHub Kaigi 2014

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig



blog comments powered by Disqus