ラリー・エリソン氏がオラクルCEOを退任し、CTOに就任。引き続きフルタイムでソフトウェア部門とハードウェア開発部門を主導

2014年9月19日

米オラクルは同社の共同創業者でCEOのラリー・エリソン氏がCEOを退任し、CTO兼取締役会長(Executive Chairman of Oracle's Board)に就任することを発表しました

Oracle Board Appoints Larry Ellison Executive Chairman and CTO

新しいCEOにはSafra Catz氏とMark Hurd氏が就任。Safra Catz氏は、製造、財務、法務部門を主導し、Mark Hurd氏は営業、サービス、特定業種向け、グローバルビジネス部門を主導、CTOとなったラリー・エリソン氏はソフトウェアとハードウェアエンジニアリング部門を主導すると発表されています。

オラクル取締役会の議長を勤めたMichael Boskin氏は、今回の発表でエリソン氏が引き続きフルタイムで働く予定であるとコメントしています。

Larry has made it very clear that he wants to keep working full time and focus his energy on product engineering, technology development and strategy,

ラリーは引き続きフルタイムで働き、その情熱を製品開発や技術開発、戦略策定などに注力すると明言している。

エリソン氏は先月で70歳に

ラリー・エリソン氏は1977年にオラクルを創業し、以来ずっと同社のトップであり続けました。今回の発表は、そのエリソン氏が会社の業績に関する責任を正式にMark Hurd氏に預け、自分はソフトウェアおよびハードウェアの戦略と開発に集中するように見えます。

figOracle OpenWorld 2013に登壇したラリー・エリソン氏

エリソン氏は1944年8月生まれで、先月70歳になりました。今後もフルタイムで働くと発表されてはいますが、もしかしたら70歳を節目にオラクルの経営を少しずつ委譲していくことは以前から計画されていたのかもしれません。

今月、9月28日から米国ではOracle OpenWorld 2014が開催されます。28日日曜日の夕方(日本時間月曜日)にはエリソン氏の基調講演も予定されているため、本人から何らかのコメントが出るのではないでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : Oracle



≫次の記事
クラウド市場で過去最大規模の買収。欧SAPがSaaS大手のコンカーを買収、クラウドサービスを強化
≪前の記事
データセンター向けにヘリウム充填型大容量ハードディスク、新カテゴリのストレージ「アクティブアーカイブ」を提供へ、HGST

カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig