マイクロソフト、リアルタイム分析のApache Stormをクラウドサービスで提供へ。Azure HDInsightに追加

2014年10月20日

マイクロソフトは同社のクラウドサービスであるMicrosoft Azureで、Hadoopをベースとしたマネージドサービスである「HDInsight」を提供しています。このHDInsightに、Hadoopによるバッチ処理に加えて、ほぼリアルタイムで大規模なデータ分析を実現するApache Stormをベースにしたサービスを追加すると発表しました。現在プレビュー公開中。

Hadoopは大規模なデータ分析を得意としていますが、基本的にはバッチ処理を行うように作られているため、流入するデータを次々に分析するようなリアルタイムに近い分析処理は得意ではありません。一方でApache Stormは短期間にデータ分析を次々に行う、いわゆるニアリアルタイムを得意としています。

fig

Apache Stoemのニアリアルタイム分析によって、Internet of Things(IoT)で想定されるような大量のセンサーから次々に流入し続けるデータをニアリアルタイムで分析して結果を参照するといったことが可能になります。

IoTをにらみ、リアルタイム分析サービス相次ぐ

主要な各クラウドベンダからは、IoTによって大規模なデータをリアルタイムで分析できる機能へのニーズを見込んだリアルタイム分析向けのサービスが相次いで発表されています。

昨年、2013年11月に、Amazonクラウドはストリームデータ処理のプラットフォームとなる「Amazon Kinesis」を発表

今年に入り、Googleが大規模データのリアルタイム分析サービス「Google Cloud Data flow」を発表。同社はもうMapReduceは使っていないとも明かしています。

そしてマイクロソフトが今回、HDInsightにApache Stormを追加。IBMも先週、SoftLayerとBlueMixをベースにした「IBM Internet of Things Foundation」を発表しています

大規模なデータをリアルタイムに処理するプラットフォームは、顧客がオンプレミスで構築するには初期投資が非常に大きく、まさにパブリッククラウドサービスの独壇場となるサービスと言えるでしょう。各社ともその時期が本格的に到来する前に準備を整えようとしています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

カテゴリ クラウド
タグ  Microsoft , Microsoft Azure , ビッグデータ


次の記事
Docker 1.3リリース、電子署名付きDockerイメージ、コンテナのプロビジョニング、Mac OSとのディレクトリ共有などの新機能

前の記事
IBMがSoftLayerを買収して約1年。あれからSoftLayerは変わったのか? CTOに聞く


カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig