AngularJS、次バージョンとなるAngularJS 2.0の開発がスタート

2014年3月20日

Googleがオープンソースで開発しているJavaScript用のMVCフレームワーク「AngularJS」は、テンプレートエンジンの機能やアニメーション機能、フォームバリデーション、ローカライゼーション機能、依存性注入(DI)など、非常にリッチなフレームワークになっています。

AngularJSの現行バージョンは1.2ですが、メジャーバージョンアップのAngularJS 2.0に向けて作業が始まったことが明らかになりました。

現在はまだプロトタイピングの段階としていますが、AngularJS 2.0は次のようなデザインを考えているようです。

モダンブラウザ対応
Chrome、Firefox、Opera、Safariに加え、Internet Explorer 11以降、およびモバイル対応ブラウザなど、モダンブラウザのみ対応する。

ECMAScript6+
AngularJS 2.0のコードは現在のところすべてECMAScript 6に準拠して書かれている。ただしECMAScript 6は現行ブラウザでは実行できないため、Traceur compilerにてECMAScript 5に変換し、実行可能にしている。

変更の検出の高速化(Faster change detection)
AngularJSの実行速度の多くは、変更を検出する速度に依存している。変更検出はブラウザのObject.observe()メソッドの実装でより高速になり、これはChrome M35で実現される予定だ。

精緻化
実行速度を左右する残りの要素は、アプリケーションのコードだ。そこで、アプリケーションのどこに時間がかかっているか、といった情報の詳細を提供できるようにする。

モジュール化
性能とイノベーション促進のため、AngularJSのあらゆる機能を選択可能にするつもりだ。

タッチアニメーション
アプリケーションでタッチアニメーションが使えるようにする。

このほかにもさまざまなコンセプトが「Angular 2.0」という文書の中で解説されています。いまのところAngularJS 2.0のリリース日は未定、現行バージョンとの互換性も未定とのことです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : Google , JavaScript



≫次の記事
テストエンジニアのモチベーションを上げるにはどうすればいいか (前編) JaSST'14 Tokyo
≪前の記事
複数クラウドのインスタンスの状況や課金状況を把握、予測できるダッシュボード「RightScale Cloud Analytics」がベータ公開

カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig