jQuery 2.0β登場! jQuery 1.9は正式版がリリース

2013年1月17日

このところjQuery関連のニュースが続きます。Internet Explorer 6/7/8のサポートを廃止することで、より小さく、速く、安定したjQueryのメジャーバージョンアップ版のjQuery 2.0がベータ版として初めて登場しました

jQuery Blog » jQuery 1.9 final, jQuery 2.0 beta, Migrate final released

jQuery 2.0は昨年7月の時点でリリース時期を「early 2013, not long after 1.9」と説明されていました。2013年がまだはじまったばかりのこの時期にベータ版が登場したことで、予定通りに開発が進行していることがうかがえます。

jQuery 2.0リリース以降も、IE 6/7/8をサポートするjQuery 1.9のメンテナンスは継続されることになっています。jQuery 1.9と2.0はAPI互換を保証されており、デベロッパーはjQuery 1.9とjQuery 2.0のどちらでも、自分のWebサイトがサポートしたいブラウザのバージョンに合わせて選ぶことができます。

今後はjQuery Mobileなどを使って、モバイル向けのWebサイトのJavaScriptライブラリとしてjQueryが使われることが増えていくでしょう。古いブラウザのサポートを打ち切ってスリムなjQueryのバージョンを用意することは、こうした環境に対応するうえで望ましいことだといえます。

jQuery 2.0はjQuery CDNでの配布が始まっており、以下のURLで読み込むことが可能です。

<script src="http://code.jquery.com/jquery-2.0.0b1.js"></script>

jQuery 1.9が正式リリース

数日前にリリース候補版がリリースされたjQuery 1.9は、正式版のリリースが開始されました。jQuery 1.9は、すでに古くなってほとんど使われなくなったり機能が重複したAPIを整理しています。

そのため、過去のjQuery対応アプリケーションに対して非互換性が発生する可能性がありますが、対策として互換性のためのプラグインjQuery Migrateが提供されます。jQuery 1.9の正式リリースと同時に、このjQuery Migrateも正式版となりました。

jQuery 1.9とjQuery 2.0は互換性があると説明したとおり、jQuery MigrateはjQuery 2.0と合わせて使うこともでき、同じく過去の互換性の対策をjQuery 2.0ベースで行うことが出来ます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : JavaScript , jQuery



≫次の記事
データセンターの最新技術をオープンに共有する「Open Compute Project Japan」が発足。早速マザーボードや電源、データセンターなどの日本語訳が公開
≪前の記事
ギーク都市伝説「WebSocketは鉄道模型をコントロールするためのものだった?」 HTML5仕様のキーパーソン、Hixieへのインタビュー(後編)

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig



blog comments powered by Disqus