[速報] ソースコードを表示するためのフォント「Source Code Pro」をアドビがオープンソースで無料公開

2012年9月25日

プログラミングやマークアップなど、コーディング作業のときにソースコードを表示する目的で開発されたフォント「Source Code Pro」を米アドビがオープンソースとして無料公開しました。24日(日本時間24日深夜)に開催された同社のイベントCreate the Webで発表されました。

fig

同社のブログにポストされたエントリ「Announcing Source Code Pro « Typblography」でも同時に発表されています。

以下がSource Code Proの見本。

fig

モノスペース、1とlが紛らわしくない

Source Code Proの特徴はコードの見やすさを優先し、モノスペースであることと、ほかのフォントでは紛らわしく見える大文字のI(アイ)と小文字のl(エル)と数字の1(イチ)などの判別がしやすくなっていること。

fig

大文字のO(オー)と数字の0(ゼロ)の判別も容易になっています。

fig

モノスペースであるためソースコードの文字数と文字列長が一致し、インデントを含めたソースコードの構造が把握しやすくなっています。

fig

Source Code ProはSourceForgeとGitHubで公開されています。

また、Adobe Edge Web FontsTypekitWebINKGoogle Web Fontsの各種サービスからも利用可能です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : アドビ , オープンソース



≫次の記事
[速報]アドビがHTML5とモバイルにフォーカスした新ツール群「Adobe Edge Tools & Services」を発表。アニメーション作成、レスポンシブデザインなどが効率的に
≪前の記事
自動改札機の運賃計算プログラムはいかにデバッグされているのか? 10の40乗という運賃パターンのテスト方法を開発者が解説(後編)

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig



blog comments powered by Disqus