みんなはどんなテスト技法を使っているの? JaSST'12 Tokyo

2012年1月31日

先週、1月25日と26日に都内で行われたソフトウェアテストに関するシンポジウム「ソフトウェアテストシンポジウム JaSST'12 Tokyo」。会場には、参加者が自分の知っているテストの種類を付箋に書いて、自由に貼ることができるポスターが掲示されていました。

独自のテストの種類を貼っていく

ポスターの下地になったのが「テスト技法ポジショニングマップ」です。さまざまなテスト技法が表示されています。

fig テスト技法ポジショニングマップ」のページから引用

この上に、さらに自由にテスト技法、テスト手法の名前が付箋で貼られました。例えば、右上には「ZERO テスト(テストしない)」、右下の方には「血みどろテスト」、中央下には「書いてあるとおりテスト」、左下には「がまの油いぶり出しテスト」、左上には「カン」(勘ですね)、図のど真ん中には「たぬきの皮算用テスト」などなど。名前だけではどんな内容のテストなのか分かりませんけれど……

fig JaSST'12 Tokyoの会場に掲示されていたマップ。マウスを重ねると拡大します

みなさんはソフトウェアの開発時にどのようなテストをされているのでしょうか?

ソフトウェア・テストの技法 第2版 ソフトウェア・テストの技法 第2版
「作ったソフトウェアが意図した通りに動き、意図していないことはしないようにするにはどうしたらよいか」という、コンピューター業界のもっとも根本的な問題について詳しく解説する。

ソフトウェアテストシンポジウム JaSST'12 Tokyo

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

カテゴリ 開発ツール / 言語 / プログラミング
タグ  ソフトウェアテスト


次の記事
ソフトウェアテストの30年前と30年後(前編)~テストの根幹は30年前に書かれた JaSST'12 Tokyo

前の記事
マイクロソフトでは「開発プロセスのすべてにテスターが関与している」 JaSST'12 Tokyo


カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig