[全訳]レイ・オジー氏がマイクロソフトを退職。スティーブ・バルマー氏がそれを伝えるために全社員に送ったメールの内容

2010年10月19日

マイクロソフトのチーフソフトウェアアーキテクトとして同社のクラウド戦略に大きく貢献し、Windows Azureの開発でもリーダーシップをとってきたレイ・オジー氏が退職することが明らかになりました。

オジー氏の退職にあたり、マイクロソフトCEOのスティーブ・バルマー氏はそれを知らせる電子メールを10月18日付けで全社員に送付。その内容が同社のプレスリリースとして公開されています。以下はその内容を翻訳したものです。

Steve Ballmer E-mail to Employees on Ray Ozzie Transition

スティーブ・バルマー氏から全社員に送られたメール

From: Steveb
Sent: Monday, October 18, 2010
To: Microsoft – All Employees
Subject: Ray Ozzie Transition

今年の3月は、マイクロソフトにとって重要なマイルストーンを刻んだ月だ。ワシントン大学でのスピーチで(私、スティーブ・バルマーは)、クラウド時代が到来したとき「私たちにはすべてが揃っている(we're ‘all in’)」と世界中にメッセージを発したからだ。

スピーチのなかでは、約5年前のレイの「Internet Services Disruption memo(インターネットサービスの破壊力)」について言及した。そしてそれ以来の彼の働きは全社に対して大きな刺激となり、クラウド化への重要な役割を果たしてくれた。

この5年間、私たちはクラウドとサービスの分野に注目し、多くを達成してきた。Windows LiveはWindowsとOfficeを補完するWebベースのサービスとなり、SharePointとExchangeはクラウド対応となった。そしてWindows Azureの着想、育成、指導によって、レイはこれから何年ものあいだ、マイクロソフトのいたるところで、あるいは顧客により、アプリケーションレベルでの革新を実現する、きわめてリッチなプラットフォームを得ることを確かなものにしてくれた。

このサービスとクラウドにおける進歩により、マイクロソフトのあらゆるビジネスがフルスピードで前進している。

レイと私は今日、レイが現在の役割であるChief Software Architectを辞任する意向であることを発表する。彼は、彼のチームや進行中のプロジェクトの移行作業のあいだ会社にとどまる。それらは大きな革新とそれを進める人たちを内包しており、わたしたちのビジネスを前進させてくれるだろう。

移行後、マイクロソフトを退職するまでのあいだ、レイにはマイクロソフトが注力しているエンターテイメントの幅広い領域を見てもらう。エンターテイメント全域には多くのビジネスチャンスがあり、私は大きな期待を寄せている。レイは、退職後どうするかについてまだ特に計画はない。

移行作業のあいだも引き続き、彼は私に対してレポートすることになるが、CSAの役割は特別なものであり、レイの後任は置かないつもりだ。すでに私たちには、どのビジネスグループにおいても強力なプランニングプロセスとテクニカルリーダー、そしてマーケットに対する強いイノベーションを有している。

レイが在籍しているあいだに、リーダーとして、そして長年にわたるマイクロソフトのISVとして、マイクロソフトに貢献してくれた彼に感謝の意を表したい。

初期のISVとして、レイはWindowsの当初の成功のために非常に重要な役割を果たしてくれた。マイクロソフトに移籍してからは、インスピレーションとインパクトの両面で、私たちがソフトウェアの世界からサービス中心の世界へ移行する支援をしてくれた。彼はつねにメーカーでありパートナーであった。そしてまた、彼のまだ見ぬ将来においてコラボレーションができることを期待している。

レイは、マイクロソフトがクラウドにおいてリーダーとみなされるポジションに位置するため、決定的な役割を果たしてくれた。そしてこのポジションは将来の成功に欠かせないものだ。

どうか私と一緒に、レイへの感謝と祝福を思っていただきたい。

スティーブ

(翻訳にあたり、Agile Cat氏のブログ「Microsoft を去る Ray Ozzie へ、Steveb からのメール」を参考にさせていただきました。ありがとうございます)

原文

From: Steveb
Sent: Monday, October 18, 2010
To: Microsoft – All Employees
Subject: Ray Ozzie Transition

This past March marked a significant milestone for the company when, in a speech at the University of Washington, I sent a message to the world that we’re ‘all in’ when it comes to the cloud. In that speech I noted that Ray’s Internet Services Disruption memo nearly five years ago, and his work since, stimulated thinking across the company and helped catalyze our drive to the cloud.

As a company, we’ve accomplished much in the past five years as we look at the cloud and services. Windows Live now serves as a natural web-based services complement to both Windows and Office. SharePoint and Exchange have now decidedly embraced the cloud. And by conceiving, incubating and shepherding Windows Azure, Ray helped ensure we have a tremendously rich platform foundation that will enable app-level innovation across the company and by customers for years to come.

With our progress in services and the cloud now full speed ahead in all aspects of our business, Ray and I are announcing today Ray’s intention to step down from his role as chief software architect. He will remain with the company as he transitions the teams and ongoing strategic projects within his organization - bringing the great innovations and great innovators he’s assembled into the groups driving our business. Following the natural transition time with his teams but before he retires from Microsoft, Ray will be focusing his efforts in the broader area of entertainment where Microsoft has many ongoing investments. We have tremendous opportunities in the entertainment space overall, and I’m excited about what we can accomplish. Beyond that, Ray has no plans at this time. While he’ll continue to report to me during the transition, the CSA role was unique and I won’t refill the role after Ray’s departure. We have a strong planning process, strong technical leaders in each business group and strong innovation heading to the market.

While Ray will be onboard for a while, I’d like to thank him today for his contributions to Microsoft, both as a leader and as a long-time Microsoft ISV. As an early ISV, Ray contributed significantly to the early success of Windows. Since being at Microsoft, both through inspiration and impact he’s been instrumental in our transition toward a software world now centered on services. He’s always been a ‘maker’ and a partner, and we look forward to our continuing collaboration as his future unfolds. Ray has played a critical role in helping us to assume the leadership position in the cloud, and positioned us well for future success.

Please join me in thanking Ray and wishing him well.

Steve

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : Microsoft



≫次の記事
3つのウワサ。オラクルがEMCを買収、VMwareがノベルを買収、マイクロソフトがアドビを買収?
≪前の記事
今年2010年が「日本のクラウド元年だ!」 とプレゼンするための資料を集めてみた

カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig