SplunkがAWS専用「Splunk Insights for AWS Cloud Monitoring」リリース。詳細な運用情報をビジュアルにダッシュボードで表示

2017年8月22日

データ分析ツールを提供するSplunkは、AWSの運用情報を分析するツール「Splunk Insights for AWS Cloud Monitoring」を発表しました

Splunk Insights for AWS Cloud Monitoringは、AWSの多様なログや構成情報、例えばCloud WatchやCloud Trail、AWS、Amazon S3、Amazon VCP Flow Logs、Amazon Cloud Front、Amazon ELB、Amazon Billingなどの情報を、あらかじめSplunkで定義された分析手法に基づいてダッシュボードに表示し、ネットワークトラフィックやストレージ容量などの運用情報やセキュリティ情報の把握を容易にするだけでなく、Splunkの機械学習機能によってアノマリーの検出、状態の予測などを可能にします。

例えば、オーバービューダッシュボードでは、複数のアカウントや複数のリージョンにわたる情報をまとめて表示してくれます。

ここからアカウントごとにドリルダウンして情報を見ることや、EC2とEBSの情報を詳しく見る、といったことが可能。

Splunk Insights for AWS Cloud Monitoring

インフラストラクチャトポロジーダッシュボードでは、VPCやインスタンス、ネットワーク、ストレージなどの関係がビジュアルに表示されます。

Splunk Insights for AWS Cloud Monitoring画像はSplunk Insights for AWS Cloud Monitoringの解説動画から(以下同じ)

IAMトポロジーはIAMのユーザーグループやポリシーをビジュアルに表示。

Splunk Insights for AWS Cloud Monitoring

このほかVPCのトラフィックなどを表示するVPC Flow Logダッシュボード、リソースアクティビティダッシュボード、ビリングダッシュボード、ビリングダッシュボードでは課金状況と今後の予測などを表示(下図)、キャパシティプラニングダッシュボードなど、全部で7つのダッシュボードがあらかじめ用意されています。

Splunk Insights for AWS Cloud Monitoring

もちろんダッシュボードのカスタマイズも可能。

Splunk Insights for AWS Cloud Monitoringは、30日間の無料トライアル期間が提供されており、AWS Marketplaceから導入可能になっているとのことです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

カテゴリ 運用ツール / システム運用
タグ  AWS , Splunk


次の記事
経産省、IT人材のさまざまな属性別給与水準に関する初の大規模な公的調査の結果公表。職種別の平均年収トップはコンサルタント。年収が高いほど残業と勉強時間が長く

前の記事
マイクロソフトとHashiCorpが提携拡大。TerraformのAzure対応を強化

カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig