Angular 2とAugular 1はアプリ内で混在可能になると発表。Anguler 1から2への段階的な移行が可能に

2015年8月31日

1つのWebアプリケーション内で、Angular 1とAngular 2が共存可能になり、デベロッパーはAngular 1アプリケーションを少しずつ段階的にAngular 2へと移行することができる。AngularJSのブログに投稿されたポスト「Angular 1 and Angular 2 integration: the path to seamless upgrade」で、Angular 2移行に関する発表が行われました。

オープンソースのJavaScriptフレームワークとして知られるAngularJS。来春登場に向けて開発が進んでいるAngular 2は、より高速、高性能が期待される一方、現在利用されているAngular 1とは互換性が完全ではないことが明らかにされています。そのため、1から2へのメジャーバージョンアップについて不安視するWebデベロッパーは少なくありませんでした。

そうした不安を払拭し、Angular 2へのスムーズな移行を実現するために、Angular 1からAngular 2へと段階的にアプリケーションをアップグレードできる仕組みが用意されたことになります。具体的には、以下が可能になるとのことです。

  • We're enabling mixing of Angular 1 and Angular 2 in the same application.
    Angular 1とAngular 2を同一アプリケーション内で混在可能にしている
  • You can mix Angular 1 and Angular 2 components in the same view.
    同一ビュー内でAngular 1とAngular 2コンポーネントは混在できる
  • Angular 1 and Angular 2 can inject services across frameworks.
    Angular 1とAngular 2は、フレームワークにまたがってサービスを注入できる
  • Data binding works across frameworks.
    フレームワークにまたがってでデータバインディングできる

下記の図のように、Angular 1の中にナビゲーションやメインビューの一部でAngular 2のコンポーネントが利用可能です。コンポーネントのネストも可能。

fig

これらを実現するために「ng-upgrade」と呼ばれるライブラリが用意され、Angular 1とAngular 2に加えてインクルードすることが必要になります。

Angular 1からAngular 2へのより詳しい移行については「Angular 1 to Angular 2 Upgrade Strategy」で説明されています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : AngularJS , JavaScript



≫次の記事
2015年秋のITイベントまとめ。W3C、IETF、OpenStackの会議が相次ぐ歴史的な季節に
≪前の記事
「Amazon AuroraはDBMS市場を破壊する存在」とガートナーが分析

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig



blog comments powered by Disqus