過去365日一度も落ちなかったクラウドサービスはある? AWSやAzureの実際の年間ダウンタイムは? Cloud Harmonyの調査結果

2015年1月14日

クラウドを対象にした調査会社CloudHarmonyが、過去1年のおもなクラウドの稼働状況を明らかにしています。GigaOmが記事「Amazon Web Services tops list of most reliable public clouds — Tech News and Analysis」で紹介していますが、下記のCloudHarmonyのデータは誰でも参照できます。ここでは注目ポイントをざっと見てみましょう。

fig

CloudHarmonyの提供しているサービスの1つ「CloudSquare」では、おもなクラウド(おそらくCloudHarmonyに申し込みをしたクラウドベンダ)の稼働状況をほぼリアルタイムに表示しています。これはサーバのモニタリングサービスを提供しているPanoptaの協力によって実現しているもので、Panoptaは60秒ごとにエージェントから情報を収集していると説明されています。

AmazonやGoogleのクラウドサービスのダウンタイム、実際はどうなの?

このCloudSquareのデータを過去365日分まとめたのが上記の画像で示したWebページです。Amazonクラウド、Microsoft Azure、SoftLayer、Google Cloud Platform、Heroku、RackSpaceなどがあり、日本のクラウド事業者ではIDCフロンティアやGMO Cloudなどが並んでいます。

Amazonクラウドの項目を見ると、CDNのCloudFrontとDNSサービスのRoute 53はダウンタイムが0、EC2とS3は12分程度のダウンタイムがあったことが示されています。

fig

Google Cloud Platformの項目。AppEngineのダウンタイムの小ささが光る一方で、Google Compute Engineは1時間以上のダウンタイムがあったようです。

fig

Microsoft Azureは、残念ながら11月に大きな障害を起こしているのが響いて、Virtual Machineのダウンタイムが大きめです。

fig

PaaSはデータベースやミドルウェアなど構成要素が多い分、ダウンタイムの点では不利なのですが、Herokuのダウンタイムの小ささも立派なものではないでしょうか。

fig

日本のベンダとしてIDCフロンティアの項目を見てみると、ダウンタイムゼロ。Yahoo! Japan傘下だけのことはある、という感じでしょうか。

fig

そのほか多数のクラウドベンダのさまざまなサービスが一覧できるので、興味のある方はぜひチェックしてみてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : クラウド , 調査結果



≫次の記事
クラウド専業のERPベンダ「Workday」が日本で本格展開を開始。グローバル企業向け人事財務管理に強み
≪前の記事
Amazonクラウドが「Amazon EC2 Auto Recovery」開始。システム障害を検知するとインスタンスを自動的に別システムへ移動、復旧

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig



blog comments powered by Disqus