[速報]セールスフォース・ドットコム、大規模顧客向けに専用ハードウェアを提供へ。プラットフォームにHPの統合サーバを採用。Dreamforce '13

2013年11月20日

セールスフォース・ドットコムが提供するクラウドサービスは、複数の顧客(テナント)がコンピューティングリソースを密に共有する「マルチテナント」方式を採用しているのが大きな特徴です。

マルチテナント方式によってコンピューティングリソースをきわめて効率的に利用できるため、セールスフォースドットコムはインフラへのコストを小さく抑えることができ、結果として低価格なクラウドサービスを実現しています。

そのセールスフォース・ドットコムは、特定の大規模顧客向けに用意した専用ハードウェアでのサービスの提供を行うと、サンフランシスコで開催中のイベント「Dreamforce '13」で発表しました。

大規模顧客向けのSuperpod発表

Dreamforce '13の基調講演に登壇する、米ヒューレット・パッカード CEOのメグ・ホイットマン(Meg Whitman)氏と、セールスフォースドットコム CEO マーク・ベニオフ氏(後ろ姿)。

fig

セールスフォース・ドットコムとヒューレット・パッカードは、共同で「Superpod」を発表する。これは、セールスフォース・ドットコムの大規模顧客に専用のデータセンターを提供するものだ。

fig

採用するハードウェアは、ヒューレット・パッカードのコンバージドインフラストラクチャだ。セールスフォース・ドットコムのソフトウェアを入れて専用データセンターとする。

これはヘルスケア、金融、政府といった特定の大型顧客に向けたものだ。

デルからヒューレット・パッカードへ?

マーク・ベニオフ氏は3年前、同社のインフラで採用されているサーバはデルの製品だと説明したことがありました。今回のSuperpodの構築にあたりヒューレット・パッカードと組んだ背景についての説明はありませんでしたが、ヒューレット・パッカードから何らかのアプローチがあったのかもしれません。

Dreamforce '13

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

カテゴリ クラウド
タグ  Salesforce.com


次の記事
Google Cloud Endpoints正式リリース。Google App Engineがモバイルバックエンドに対応

前の記事
[速報]「Salesforce1」をセールスフォース・ドットコムが正式発表。全面的にモバイル対応へ。Dreamforce '13


カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig