Big Switchが大規模向けの仮想スイッチ「Indigo Virtual Switch」をオープンソースで公開

2013年7月4日

OpenFlow対応のネットワーク管理ソフトなどを提供するBig Switch Networksは、「既存のオープンソース版仮想スイッチは、大規模なスケールでのデプロイのニーズに応えられず、またベンダ主導によってコミュニティベースのイノベーションが阻害されている」といった理由から独自のオープンソース版仮想スイッチ「Indigo Virtual Switch」を開発、公開を開始しました。

Introducing Indigo Virtual Switch (IVS)

Linuxカーネルにはすでに仮想スイッチのOpen vSwitchが組み込まれており、Indigo Virtual Swtichは、そのOpen vSwitchに対するドライバーのような位置づけで動作するようです。

特徴は軽量で大規模展開に対応していること。

It’s a lightweight, high-performance vSwitch built from the ground up to support the OpenFlow protocol. It is designed to enable large-scale network virtualization applications and supports distribution across multiple physical servers.

これは軽量で高性能なvSwitchであり、OpenFlowをサポートするために基盤から作り上げたものだ。大規模なネットワーク仮想化アプリケーションや、複数の物理サーバにまたがる分散環境などを実現するために作られた。

Big Switchは独自のオープンソース路線を行くのか

Indigo Virtual Switchは、Big Switchが推進するProject Floodlightと呼ばれるオープンソースのプロジェクトの中の1つで、OpenFlowコントローラや仮想スイッチを抽象化するIndigoフレームワークなどとあわせて開発されています。

Software-Defined Networkingのオープンソースプロジェクトとしては、シスコ、マイクロソフト、IBM、Brocadeなど主要ベンダが集まったOpenDaylightプロジェクトが進行しています。Big SwitchもOpenDaylightに参加していましたが、わずか1カ月で先月離脱を表明しました。

Big Switchは、自社のオープンソース路線を進めていくことに本腰を入れることにしたのでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

カテゴリ サーバ / ストレージ / ネットワーク
タグ  Big Switch , OpenFlow , ネットワーク


次の記事
米オラクル、マイクロソフトと提携、セールスフォース・ドットコムと提携、ネットスイートと提携し、Oracle Database 12cを出荷開始。一連の狙いはクラウド市場での存在感

前の記事
Eclipse 4.3 Keplerがリリース。Java EE 7、BPM対応。Web IDEのOrionもバージョンアップ


カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig