グーグル、ブラウザからすぐに試せるJavaScriptベンチマークテスト「Octane」を公開

2012年8月24日

Webブラウザは、スプレッドシートやワープロのような複雑なJavaScriptアプリケーションや、地図のような複雑なグラフィックの表示など、さまざまな動作を高速で実行することが求められるようになりました。

グーグルはこうした複雑になってきたWebブラウザとその上で走るJavaScriptの実行速度を計測するための新しいベンチマークツール「Octane」を公開しました。ソースコードはオープンソースとなっています。

Octaneは複数の目的別ベンチマークを集めた統合ベンチマークのようなものです。これまでのV8ベンチマークに加えて、ClosureやjQueryのような一般的なJavaScriptライブラリをいかに高速に実行できるかを計る「CodeLoad」や、ゲームを高速に実行できるかを計るためにゲームボーイエミュレータを基にした「GB Emulator」、2次元の物理エンジンや3次元の物理エンジンを基にした「Box2DWeb」「Mandreel」など、現実のアプリケーションに近い動作を持つものを採用しています。

スタートボタンを押すだけで実行

OctaneのページをWebブラウザで表示すると「スタートボタン」が表示されます。クリックするだけで、次々にベンチマークが実行されていき、それぞれのスコアが表示されていきます。

fig

実行し終わるとトータルのスコアが表示されます。

fig

簡単に実行できるので、試してみてはいかがでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : Google , JavaScript



≫次の記事
日々進化するHadoop。これまでのおさらいと最近の動向(前編)
≪前の記事
連載マンガ Mr. Admin:最初は順調に見えても結局は苦労するパターン

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig