Cassandraが0.8にバージョンアップ。SQLに似たCQLを搭載し、分散カウンターも実装

2011年6月9日

NoSQLを代表するデータベースの1つ「Apache Cassandra」が、0.8へとバージョンアップしました。

[RELEASE] 0.8.0

RackspaceのEric Evans氏がCassandraのメーリングリストに投稿した内容によると、Cassandra 0.8の最大の特徴は、SQLに似た問い合わせ言語のCQL(Cassandra Query Language)をはじめて搭載したこと。

また、これまで要望の多かった分散カウンターを実装し、ノード間の暗号化通信を実装したことでパブリッククラウドなどの環境でのセキュリティが高まったとしています。

SQLに似たCQL

CQL 1.0では、USE、SELECT、UPDATE、DELETE、TRUNCATE、DROP、BATCHなどのキーワードを備えており、SQL文のようにデータベースの内容を操作できるとのこと。Python、Java、Node.js用のドライバーが提供されています。

CQLについては、第16回Cassandra勉強会での@yukim氏の資料「CQL」が公開されています。分かりやすくておすすめです。

また、英語ですが以下のスライドで概略が紹介されていました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

カテゴリ RDB / NoSQL / ミドルウェア
タグ  NoSQL


次の記事
連載マンガ:Mr. Admin「年末にシステム管理者がすること」

前の記事
グーグルはChrome OSでOSをWeb化、マイクロソフトはWindows 8でOSをWeb化、モジラもWeb対応シェルの「Webian Shell」を発表


カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig