グーグルがHadoopにMapReduce特許の利用を許可

2010年4月26日

大規模分散処理の技術として知られるMapReduceは、グーグルが検索エンジンの基盤技術として開発したもの。そして同社はMapReduceの特許を1月に取得していました。

グーグルが特許を保有していることでMapReduceのオープンソース実装であるHadoopに対する影響が心配されていましたが、Apache Foundationの弁護士がグーグルの弁護団から特許の利用許可を得たことを明らかにしました。

予想通りの展開に

Re: License for Google's patent

4月23日付けでYahoo!のHadoopチームアーキテクトOwen O’Malley氏がメーリングリストに投稿した「Re: License for Google's patent」というメッセージ。この中でApache Foundationの弁護士が、グーグルからの特許利用許可を伝えています。

I just received ord from Google's general counsel that "we have granted a license for Hadoop, terms of which are specified in the CLA."

グーグルがMapReduceの特許を取得したことがあきらかになったときから、これは単なる防衛目的の特許取得であって、Hadoopの脅威とはならないと予想されていました。予想通りの展開となったわけです。

これでHadoopは基本的な部分で特許の不安なく利用することができるわけで、今後の普及に期待がかかります。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : Google , Hadoop , MapReduce



≫次の記事
HDDをSSDにしたらデータベースはどれだけ速くなるか? オラクルと富士通が実験
≪前の記事
iPhone OSのFlash排除で、HTML5/JavaScriptだけがマルチプラットフォーム対応として残った

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig



blog comments powered by Disqus