NASAがミッションコントロールシステム用フレームワーク「Open MCT」をオープンソースで公開

2016年8月25日

NASAが宇宙船のミッションのデータ分析などに用いているミッションコントロールシステム開発用のフレームワークが「Open MCT」としてオープンソースで公開されました

fig

NASAはOpen MCTを次のように説明しています

Open MCT is designed to meet the rapidly evolving needs of mission control systems. At NASA, the requirements for Open MCT are being driven by a need to support distributed operations, access to data anywhere, data visualization for spacecraft analysis that spans multiple data sources, and flexible reconfiguration to support multiple missions and operator use cases.

Open MCTは、ミッションコントロールシステムにおいて迅速に進化する要求に対応するよう設計されました。NASAにおいて、Open MCTは宇宙船のデータ分析のための分散オペレーション、任意の場所からのデータアクセス、データ可視化などに用いられており、多様なミッションや運用のユースケースに対応すべく柔軟な再構成を実現しています。

おそらくNASAのミッション以上に複雑なミッションコントロールを要求するユースケースはそれほど多くないと思いますが、このソフトウェアがどのようなアプリケーションで利用可能かを考えるだけで、なんとなくワクワクする気がします。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

カテゴリ 開発ツール / 言語 / プログラミング
タグ  システム運用


次の記事
コードマージ時のコンフリクト自動解決とカンバン画面が加わった「GitLab 8.11」リリース

前の記事
AzureからWindows 10デスクトップ仮想化サービス、アプリケーションリモート配信など提供。シトリックスとマイクロソフトが協業で


カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig