Windowsはタブレット市場で最も成長するOS、Androidは市場シェア減少に。Strategy Analyticsの予想

2015年11月30日

米調査会社のStrategy AnalyticsはグローバルでのタブレットOSのマーケットシェア予想を発表しました。

それによると2015年時点での市場シェアと2019年の予想シェアを比較して、Windowsは10%から18%へと1.8倍と最も成長するOSとなり、iOSはほぼ横ばい、AndroidはWindowsにシェアを食われる形で68%から59%へと減るとされています。

fig

同社ではiPad Proによってクリエイターやアーティスト、エンタープライズといった新しいタブレット市場が開かれようとしていると説明。

一方、WindowsタブレットはAndroidよりもバランスがとれ、低コストなアプローチを市場に展開しようとしているが、150ドルを下回る平均価格で大量販売されるようなタブレットを作ることはないだろうと予想。

特にタブレットとしても使え、キーボードを接続すればノートPCとしても使える2-in-1と呼ばれるSurface Pro 4のようなプレミアム価格帯のタブレットは、市場において重要な役割を果たすだろうと分析しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : 調査結果



≫次の記事
ソニー銀行のクラウド活用によるITコスト構造改革、その内容と効果
≪前の記事
Google Compute Engine、いつもは自動で行うネットワーク操作を手動で行い、ミスに気付かず一部でネットワーク障害

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig



blog comments powered by Disqus