マイクロソフトが「Cloud OS Accelerate」として、シスコ、HP、Dell、NetAppなどを巻き込んだプログラムを開始

2013年7月10日

米マイクロソフトは、プライベートクラウドやハイブリッドクラウド導入を加速するためのプログラム「Cloud OS Accelerate」を、シスコ、HP、Dell、NetApp、日立データシステムズなどと共同で開始すると発表しました。

Partners in the cloud for modern business - The Official Microsoft Blog - Site Home - TechNet Blogs

このプログラムに全体で1億ドル(約100億円)以上を投資していくとのこと。ただしその詳細はまだ明らかになっていません。「Cloud OS」という用語を使っていますが、おそらく新しいOSを開発するわけではなく、あらかじめプライベートクラウド用に組み合わせたシステムの認定や、マーケティングキャンペーンなどを行っていくのではないかと推察します。

マイクロソフトは今年4月に、Windows Azure上でIaaS機能を提供するWindows Azure仮想マシンの提供を開始し、Amazonクラウドを追撃する態勢を明確にしました。先月末にはオラクルともクラウドで提携するなど、積極的なパートナー戦略を打ち出しています。今回の「CLoud OS Accelerate」も、そうした積極展開の一環ではないでしょうか。

プレミアム版Azure SQL Databaseの提供も

Windows Azureのデータベース機能であるAzure SQL databaseでは、あらかじめ一定のデータベースリソースを確保することで一定以上の性能を確保する「Premium offer for Windows Azure SQL Database」の提供を開始することも発表されました。

まずは限定プレビュー版が開始される予定です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

カテゴリ クラウド
タグ  Microsoft , Microsoft Azure


次の記事
7月と8月はPCが故障しがち。ツートップ、フェイスなどの修理調査データ公開

前の記事
PhoneGap/Cordova 2.9がリリース。次の3.0ではコアがスリムになりFirefox OS、Ubuntuなどもサポート予定


カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig