2020年までにデータサイエンティストの業務の4割は自動化される。そしてデータサイエンティストを本職としない「シチズンデータサイエンティスト」が台頭すると、ガートナー

2017年1月18日

データの分析を本職とするデータサイエンティストは、いまもっとも注目されている職業の1つです。そのデータサイエンティストがデータ分析のために行う業務の4割は2020年までに自動化され、そのおかげでデータサイエンティストを本職としない「シチズンデータサイエンティスト」によるデータ分析が台頭してくると、米調査会社が予想しています

Gartner Says More Than 40 Percent of Data Science Tasks Will Be Automated by 2020

ガートナーによると、シチズンデータサイエンティストとは、データサイエンティストが本職ではないものの、データ分析業務の自動化が進むことで、かつては専門的な知識が必要だった先進的なデータ分析や予測などを自分で行えるようになった人のことを指します。

このシチズンデータサイエンティストの存在は、専門職であるデータサイエンティストによる先進的なデータ分析と、ビジネスユーザーがセルフサービスで行うデータ分析とのあいだにある大きなギャップを埋めるとと共に、シチズンデータサイエンティストによるデータ分析の量は、本職のデータサイエンティストのデータ分析量を2019年までに上回るだろうとガートナーは予測しています。

ガートナーのアナリストは、シチズンデータサイエンティストが使いやすい製品作りをベンダは推進すべきだと、次のように指摘しています。

Making data science products easier for citizen data scientists to use will increase vendors' reach across the enterprise as well as help overcome the skills gap,

データサイエンス製品をシチズンデータサイエンティストが上手く使えるように使いやすくすることが、スキルギャップを埋めるだけでなく、企業内におけるベンダのリーチを増加させるだろう

実はガートナーは似たような予測として「2014年までに、新規ビジネスアプリケーションの少なくとも4分の1はシチズンデベロッパーによって開発されるだろう」と2009年に発表しています

シチズン・デベロッパーとは、シチズンデータサイエンティストがそうであるように、プログラミングを本職としないデベロッパーのことを指していました。2009年当時はWebでのパーソナライズやマッシュアップが流行しており、企業においてもその延長線上でカジュアルな方法で自分のために新しいアプリケーションを開発していくビジネスマン、すなわちシチズン・デベロッパーが台頭するだろうと予測されていたのです。

2009年当時、僕もこの予想には同意していましたが、2014年を2年過ぎた2016年のいま、それが当たっていたかというと、疑問符が付きます。

データ分析の分野では確かに技術の進歩はデータサイエンティストの作業の自動化を推し進めていくでしょう。そのとき、果たしてシチズンデータサイエンティストは台頭してくるでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : ビッグデータ , 調査結果



≫次の記事
ITエンジニアが投票した「ITエンジニア本大賞2017」ベスト10が発表。機械学習理論入門/SQLアンチパターン/達人プログラマー/ルビィのぼうけん、などランクイン
≪前の記事
Excelファイルを読み取って分析可能で、急激なデータ増加にも対応するクラウドDWH。高速化の秘密は列指向型、動的インメモリ処理など。IBM dashDB[PR]

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig



blog comments powered by Disqus