マイクロソフト、画面共有できるビデオ会議「Skype Meetings」を無料で提供開始

2016年7月7日

米マイクロソフトは、画面共有機能を備えたビデオ会議システム「Skype Meetings」を無料で提供開始したことを明らかにしました

figSkype Meetingsの画面共有を利用している様子。デモビデオから

Skype Meetingsは、参加者がリアルタイムの動画と音声でコミュニケーションできるだけでなく、チャットや参加者の画面もしくはPowerPointのプレゼンテーションを全員の画面で表示し、共有することも可能。共有画面上ではレーザーポインタ機能によって画面上の任意の位置を指し示すといったこともできます。

Skype Meetingsは無料で3ユーザーまで利用可能(ただし最初の60日間は10ユーザーまで利用可能)、まずは米国内向けに開始されます。

また、Skype for Businessを含むOffice 365ユーザーは最大250ユーザーまでビデオ会議に参加できるようになっています。

マイクロソフトは4月にプラグインを不要にし、WebブラウザだけでSkypeを利用できる「Skype for Web」プレビュー版をリリース。Microsoft Edgeだけでなく非公式ながらChromeブラウザやAndroidでもプラグインフリーで動作していると報告されています。マイクロソフトはSkypeをビジネスコミュニケーションツールとして着実に強化していると言えるでしょう。

下記はSkype Meetingsの紹介ビデオ。


このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : Microsoft , 働き方



≫次の記事
日本IBMクラウド事業のトップに、元日本オラクルの三澤智光氏が就任。会見で、IBMはクラウドでのミッションクリティカルなシステム構築に強みと
≪前の記事
仮想化ハイパーバイザ「Xen 4.7」リリース。再起動なしでパッチを当てられるライブパッチング導入

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig



blog comments powered by Disqus