マイクロソフト、新サービス「Dynamics 365」を披露。CRMとERPを統合、機械学習のCortana Intelligence Suiteも連係。WPC 2016

2016年7月12日

マイクロソフトはカナダのトロントでパートナー向けイベント「Microsoft World Partner Conference 2016」(WPC 2016)を開催しています。

初日の基調講演では、同社CEOのサティア・ナデラ氏が、今秋登場予定の新しいクラウドサービス「Microsoft Dynamics 365」を披露しました。

figWPC 2016のストリーミングから

Dynamics 365は、これまで同社が提供してきたCRMとERPであるDynamics CRMとDynamics AXを統合し、クラウドサービスとしてブラッシュアップしたもの。

Office 365やPowerBI、Cortana Inttelgence Suite、Microsoft Flowなど、同社がクラウドサービスとして提供しているさまざまなサービスとの連携強化を打ち出し、「(Officeをクラウド化して成功した)Office 365で起きたことが、Dynamics 365でもでも起きるだろう」(ナデラ氏)とアピール。

特にパートナーに対しては、さまざまなサービスを組み合わせることでビジネスプロセスのパイプラインを構築し、顧客向けのソリューションを容易に構築できるプラットフォーム化の利点を訴えます。「SaaSを作るのではなく、マイクロソフトはつねにプラットフォームとしてのアプローチをしてきた」(ナデラ氏)。

fig

Dynamics 365が画面を自動生成

下記の画面はDynamics 365のデモンストレーションとして、上下水道を提供する企業の現場担当者の障害対応画面を作ったもの。

Azure IoT Suiteで上下水道管の漏水情報などを自動的に収集し、それを機械学習機能を持つCortana Intelligence Suteで既存のデータや対応用ドキュメントなどと組み合わせて分析、Dynamics 365が現場担当者用の対応画面を自動生成したと説明されています。「マニュアルで作られたのではなく、Azure IoT Suite、Cortana Intelligence Suiteを用いてDynamic 365によって自動生成された」(デモ担当者)

fig

また、修理担当者のスケジューリング画面も示されました。

fig

さらにDynamics 365のデータを利用し、ドラッグ&ドロップでアプリケーション開発ができる「Microsoft Flow」で修理状況を顧客担当者のiPhoneに通知とメール配信をするといった連係も披露。

fig

Dynamics 365が単なるCRMやERPのサービスではなく、Office 365、Azure IoT Suite、PowerBI、Microsoft Flowなど、Microsoft Azureをプラットフォームとするさまざまなサービスと連携できるソリューションとなることをパートナーに訴えました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

カテゴリ クラウド
タグ  ERP , Microsoft , SaaS


次の記事
TypeScript 2.0ベータ版が公開。Null値の排除型、進化した型分析、容易なモジュール宣言など

前の記事
オラクル、次期Java EEはマイクロサービスやコンテナをサポートするものになるとコメント。9月のJavaOneで計画を発表予定。ただし本気度には疑問符も


カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig