米オラクルがIcehouseベースのOpenStackディストリビューションをプレビュー公開。Oracle LinuxとOracle VM対応

2014年8月6日

米オラクルは、オープンソースとして開発されているIaaS型クラウド基盤ソフトウェア「OpenStack」のディストリビューションをOracle LinuxとOracle VMと合わせてテクニカルプレビューとして公開したと発表しました

Technology Preview of OpenStack Icehouse with Oracle Linux and Oracle VM - Now Available (Oracle's Virtualization Blog)

同社は5月に現在のOpenStack最新版の1つ前の版であるコード名「Havana」をベースにしたOpenStackのディストリビューションを公開していましたが、今回リリースされたのは最新版となるコード名Icehouceをベースにしたもの。

このディストリビューションは、Icehouceを簡単にインストールでき、試すのにちょうどいいと米オラクルは発表で次のように書いています。

This release is a fast and easy way to deploy OpenStack giving customers an excellent starting point to deploy Icehouse and test it in their environment. We made sure that the deployment process remains the same as it was for Havana using few simple steps so anyone ,even with no prior experience with OpenStack, can install and try it out.

このリリースはOpenStackをデプロイする迅速で簡単な方法を提供しており、お客様の環境でIcehouceをデプロイし評価するのに適切な出発点となるでしょう。私たちはデプロイの手順をHavanaと同じようにし、誰にでも数ステップで、これまでOpenStackの経験がなかったとしてもインストールし、試用できるようにしています。

米オラクルは昨年3月にIaaS型基盤ソフトウェアのベンダであるNimbulaを買収し、オラクル製品群と統合すると発表していました。

しかし2013年12月にはOpenStack Foundationに参加してOpenStackと自社製品群との統合を発表。そして本格的にオラクル製品にクラウド機能を取り入れた製品として、5月にSolaris 11にOpenStackを統合することを発表(このときに前述のHavanaベースのOpenStackディストリビューションも公開)。以来、同社はOpenStackをのクラウド基盤ソフトウェアとして位置づけています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : IaaS , OpenStack , Oracle , クラウド



≫次の記事
米Rackspaceがクラウドの低価格競争から脱出。新分野「Managed Cloud」で構築運用保守付きの付加価値クラウドへ方針転換
≪前の記事
JIRAもHipChatもConfluenceも、アトラシアンが「日本語によるテクニカルサポート」開始。まずはベータ版として

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig



blog comments powered by Disqus