データウェアハウスサービスのAmazon Redshiftに、32コア/244GBメモリ/SSD2.5テラバイトの高性能ノードが登場。しかも1時間あたり120円から

2014年1月28日

Amazonクラウドで提供されているデータウェアハウスサービスのAmazon Redshiftに、高密度コンピュートノードと呼ばれる大規模ノードが2種類追加されました

Amazon Web Services ブログ: 【AWS発表】Amazon Redshiftにさらに高速で費用対効果の高いSSDベースの新しいノードが追加

これまでAmazon Redshift用に提供されていた高密度ストレージノードがストレージ容量を重視したものだったのに対し、新たに提供が開始された高密度コンピュートノードは従来より高いプロセッサ性能が設定されています。

2.56TB SSDに32仮想コア、244GBメモリ

高密度コンピュートノードとして新しく追加されたのは、ラージとエクストララージの2つ。

ラージは以下のような構成になっています。

エクストララージは以下のような構成になっています。

高密度コンピュートノードはすでに利用可能になっており、米国東部リージョンにおける1時間あたりの価格は、ラージが0.25ドル(1ドル100円換算で25円)、エクストララージが48ドル(1ドル100円換算で4800円)。

東京リージョンでは1時間あたりラージが0.33ドル(同33円)、エクストララージが64ドル(同6400円)。

用途によってはコスト3分の1以下に。前払いで1時間あたり120円から

これまでAmazon Redshiftは、いちばん安いノードが高密度ストレージのエクストララージで、2仮想コア、15GBメモリ、2TBストレージという構成。東京リージョンでは1時間あたり1.25ドル(同125円)でした。

しかしストレージが160GB以下で済むのならば、新しく追加された高密度コンピュートノードのラージへ切り替えるだけで、プロセッサ能力はほぼ2倍(ECU4.4から7へ)になる一方、価格は3分の1以下(1時間あたり1.25ドルから0.33ドルへ)となります。用途によっては性能が向上するとともに大幅なコスト削減になるでしょう。

また、Amazonクラウドにはあらかじめ予約金を払っておくと利用料金が安くなるリザーブドインスタンスという仕組みがあります。東京リージョンでこのリザーブドインスタンスを利用すると、高密度コンピュートノードのラージは1年契約の前払いとして800ドル(同8万円)を払うことで1時間あたり0.12ドル(同12円)に、エクストララージは前払い金1万3250ドル(同132万5000円)を払うことで1時間あたり2.75ドル(同275円)になります。

さらに3年契約にすると、エクストララージは前払い金2万3200ドル(同232万円)を払うことで1時間あたり1.2ドル(同120円)という低価格で利用できるようになります。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : Amazon , クラウド , データウェアハウス



≫次の記事
EMC、Software-Defined Storageを実現するViPRの無償ダウンロードを開始。本番環境以外の利用は無制限
≪前の記事
Google Appsのほとんどのサービスが異常停止。対応チームが12分でデバッグし約35分で復旧へ

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig